株式会社東測 (公式サイト)

ご連絡はこちら

株式会社東測の会社ロゴ画像です

「回転体の熱電対計測」に関するトラブル&対策集プレゼント!

最終更新日2013/10/22

  • カタログ

回転体の熱電対計測をされる方必見!スリップリング利用におけるトラブルを解決!

回転体の熱電対計測では、「温度影響による測定誤差」がつきものです。
東測は、こうした「回転体の熱電対計測に関するトラブル&対策」を一冊のハンドブックにまとめました。

【掲載内容】
◆熱電対とスリップリング
◆中間金属の法則
◆温度影響による測定誤差
 ・・・対策1.温度コントロール
 ・・・対策2.熱電対用回転アンプ
 ・・・対策3.他方式のセンサー
◆K型熱電対の半田付け
◆弊社推奨 フラックス・シリコーン

※下記の【カタログダウンロード】から詳細がご覧頂けます。

「回転体の熱電対計測」に関するトラブル&対策集プレゼント! 基本情報

※詳細はカタログダウンロードにてご覧下さい。

価格
価格帯その他
納期
発売日 取扱い中
型番・ブランド名
用途/実績例 回転体の熱電対計測をされる方必見!スリップリング利用におけるトラブル解決にお役立て下さい。

「回転体の熱電対計測」に関するトラブル&対策集プレゼント! 関連ダウンロード

アイコン カタログ一覧

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

「回転体の熱電対計測」に関するトラブル&対策集プレゼント!

回転体の熱電対計測では、「温度影響による測定誤差」がつきものです。
東測は、こうした「回転体の熱電対計測に関するトラブル&対策」を一冊のハンドブックにまとめました。

【掲載内容】
◆熱電対とスリップリング
◆中間金属の法則
◆温度影響による測定誤差
 ・・・対策1.温度コントロール
 ・・・対策2.熱電対用回転アンプ
 ・・・対策3.他方式のセンサー
◆K型熱電対の半田付け
◆弊社推奨 フラックス・シリコーン

※下記の【カタログダウンロード】から詳細がご覧頂けます。

熱電対用回転アンプ AMP-TC型モジュールアンプ

回転側にアンプを設け、計測信号を高レベルとしてS/N比を良くし精度よく伝送します。回転体での温度測定に最適です。

2、3、4、7チャンネル用をラインナップ。

スリップリング用 回転ブリッジボックス

同寸法にて測定点数:1・2・3・4点およびゲージ抵抗値120Ω・350Ω用をラインナップした、回転ブリッジボックス。

ブリッジ回路を回転側に設置することにより、スリップリング接触部および外部からのノイズ影響を軽減。
※アクティブゲージとブリッジボックス間に温度差がある場合は、温度補正が必要です。

ブリッジ回路内蔵 ひずみゲージ用回転アンプ

応力測定“1ゲージ法(2および3線式)”、“隣辺2ゲージ法”を直接接続可能なブリッジ回路を内蔵!微小な応力値の測定が可能な、回転体用増幅器

「回転体のひずみゲージ計測」に関するトラブル&対策集プレゼント

回転体のひずみゲージ計測では、「温度ドリフトの影響」や「計測値へのノイズ影響」がつきものです。
東測は、こうした「回転体のひずみゲージ計測に関するトラブル&対策」を一冊のハンドブックにまとめました。

【掲載内容】
◆ひずみゲージとスリップリング
◆温度ドリフト
 ・・・対策1. 温度補正
 ・・・対策2. 1ゲージ3線式
◆ノイズ影響
 ・・・対策1. 回転側に組むブリッジ回路
 ・・・対策2. 4ゲージ法
 ・・・対策3. 回転側にブリッジ回路を組んだ1ゲージ法
◆回転ブリッジボックス
◆ブリッジ印加電圧の並列接続
◆ひずみ信号用動ひずみアンプ

下記の【カタログダウンロード】から詳細がご覧頂けます。

お問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

  • 至急度 
  • [必須]
  •   
  •   
  • ご要望 
  • [必須]
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  • 動機 
  • [必須]
  •   
  •   
  •   
  •   
添付資料
お問い合わせ内容

株式会社東測 取扱い製品


ページの先頭へ