スリーエム ジャパン株式会社

3M(TM) 制振ダンパー:振動を低減できる製品です

最終更新日: 2020/06/15
風や交通振動などの微小な変形から、地震時の大きな変形まで幅広く 振動を低減できる製品です。様々な建物で実績があります。

地震などにより、建物が揺れると、地震のエネルギーを吸収するまでは建物の揺れは止まりません。つまり、地震のエネルギーを、たくさん、早く吸収することで、建物の揺れ幅を小さくし、早期に揺れを止めることができます。通常の建物は、様々な箇所で生じる摩擦や音、場合によっては建物が損傷しながら地震のエネルギーを吸収するため、建物にダメージが発生することがあります。これを低減するのが、制振ダンパーです。

3Mの制振ダンパーは、エネルギーを吸収する材料として、特殊な技術を用いて製造した粘弾性体(Visco-elastic Material : VEM、以下VEMと呼ぶ)を使用しています。建物が変形した際に、鋼板間に接着された粘弾性体がせん断変形し、エネルギーを吸収します。

製品として構成する際には、要求性能を満足するだけの粘弾性体の面積を確保するため、粘弾性体の層数を増やすことで、様々な要求に対応可能です。
(IATD)

基本情報

当社の粘弾性ダンパーは、分子間の摩擦によりエネルギーを吸収する機構のため、幅広い振動に対してエネルギーを吸収できることを実験により確認しています。
粘弾性体の面積、厚さは、建物、設置形態に応じて変更可能であり、最適な形状で設計できます。また、特殊な型などが必要ないため、少量からでも製造可能です。使用している粘弾性体は、様々な耐久性試験により評価され、小さな変形での疲労破壊、大変形での破断試験まで、各種評価に基き、設計されています。

3Mの粘弾性体は、工場で製造した厚さ1~2mm程度の粘弾性体を、必要な厚さに積層し、その後 必要な形状に切断します。また、粘弾性体自体が粘着力を持っていて、鋼板に貼り付けることが可能です。このように、特殊な設備を使用することなく製品を製造できますので、お客様のご要望や設置個所の条件に応じて、様々な形状の製品を提案することが可能です。

3Mの粘弾性ダンパーは、国内外で多くの実績があります。木造住宅、鉄骨住宅、低層から超高層のビルまでの様々な構造形式に対応可能です。また、風揺れ、床の振動などの微小な振動から地震時の大きな振動まで、幅広く採用されています。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
※ ご相談ください
型番・ブランド名 3M(TM) 制振ダンパー
用途/実績例 ・ビルなどの大型建造物
・一般住宅
・倉庫
・棚などの什器
・その他制振が必要な用途

【具体的な実績例】
http://www.mmm.co.jp/tape-adh/construction/vds/casestudies/index.html
・代ゼミタワーオベリスク
・ホテル京阪ユニバーサルシティ
・郡山西口再開発ビル ビッグアイ
・山形スリーエム第7工場
・エコパスタジアム
・YHP本社ビル
・目黒IKビル施
・千葉ポートスクウェアタワー棟
・東京都庁舎
・大宮ソニックシティ

その他国内外に多数実績あり

お問い合わせ

スリーエム ジャパン株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス