4Dセンサー株式会社

構造物の形状や変形を調べる最新手法【サンプリングモアレ法】とは?

最終更新日: 2020/03/05
多くのモノは力を加えると変形が大きくなり最後に壊れます。この変形を調べるコトで、【予防・予知・修理】が可能になります。

高度経済成長時に作られた多くの構造物が寿命を迎えようとしています。
とくに橋梁や建物などのインフラ構造物の安全性を確保するためにはその健全性を評価する必要があります。
それらの健全性の確認法の一つとして、構造物の形状や変形を調べることが重要となってきます。
また、新しく開発した構造物の強度を実物で確認する必要があります。

構造物の形状や変形を調べる代表的な方法として
『画像相関法』、『格子法』、『モアレ法』、とくに新しい方法である『サンプリングモアレ法』があります。
【特徴】
■画像相関法=ランダム撮影をし、変形後に同じ特徴をもつパターンを見つけ変位を調べる
■格子法=等間隔の格子パターンを撮影し格子の位相を調べることで変位がわかる
■モアレ法=変形前後の格子を重ねて発生するモアレ縞で変位を調べる
■サンプリングモアレ法=変形後の格子のみの撮影で変位を調べる

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

4Dセンサー株式会社