アイテック株式会社

NEW
おすすめ情報
《熱処理時の歪みにお困りの方必見!》薄物も対応可能な新熱処理法 製品画像
《熱処理時の歪みにお困りの方必見!》薄物も対応可能な新熱処理法
従来の焼入れ方法による歪みを50%削減!薄物でも歪まない新しい表面硬化熱処理法「Nクエンチ(浸窒焼入)」 ※試作・テスト加工可能
最終更新日:2019/03/05

注目製品情報

  • 表面硬化熱処理法『N-クエンチ』 製品画像
    表面硬化熱処理法『N-クエンチ』
    『N-クエンチ』は、鋼に窒素のみを浸入・拡散し、オーステナイト状態から 焼入を行う「浸窒焼入」のことを指す新しい表面硬化熱処理法です。 窒素を浸入させ焼入を行うことにより、安価なSPCC材でも850HV程度の表面 硬度が得られ、内部に窒素が拡散している範囲で硬度を上昇させることが可能 です。 ひずみ量は浸炭窒化焼入の約半分で、ガス軟窒化よりわずかに大きいのみで、 摩擦係数・焼付け面圧は浸炭窒化焼入、ガス軟窒化とほぼ同等、磨耗量は浸炭 窒化焼入材の1/2、ガス軟窒化材の1/3と良好です。 【特長】 ■処理後の試料の表面粗さが良好 ■処理に必要な時間はガス軟窒化の1/3~1/4程度と大幅な短縮が可能 ■浸炭と同程度の焼戻し軟化抵抗を有す ■浸炭窒化の約半分のひずみ量 ■摩擦・磨耗特性についても優位性を実証 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 表面硬化熱処理「N-クエンチ(浸窒焼入)」の基礎知識&処理事例集 製品画像
    表面硬化熱処理「N-クエンチ(浸窒焼入)」の基礎知識&処理事例集
    「Nクエンチ(浸窒焼入)の基礎知識」は、熱処理法「Nクエンチ」の仕組みやメリットなど、基礎知識と有効性がわかる技術資料です。 「Nクエンチ(浸窒焼入) 熱処理事例集」は、Nクエンチのメリットや効果、他処理との歪み比較など多数掲載した事例集です。 【掲載内容(一部を紹介)】 ■Nクエンチとは     ■Nクエンチのメカニズム ■Nクエンチの金属組織  ■Nクエンチのメリット ■材質SP材:表面硬度HV700以上の事例 ■材質SP材:浸炭による熱処理変寸大の事例 ※技術資料&事例集はダウンロードよりPDFをご覧下さい。
  • アイテック株式会社 次世代熱処理試作紹介 製品画像
    アイテック株式会社 次世代熱処理試作紹介
    アイテック株式会社では、熱処理加工の試作を承っています。 当社はクラッチプレートに代表される薄物の熱処理を得意としており、歪みは 最小で硬さは最高にという極めて難しいニーズに独自の熱処理技術で応えます。 自動化ラインにより、短納期で緊急対応が可能ですので、お困りの際は、是非 当社へご用命下さい。 【対応処理】 ■真空浸炭焼入 ■真空浸炭窒化 ■Nクエンチ(浸窒焼入) ■ガス窒化・軟窒化 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ