アイテック株式会社

表面硬化熱処理法『N-クエンチ』

最終更新日: 2017/01/05

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

薄物でも歪まずカタく仕上げる熱処理技術!短納期にも対応
『N-クエンチ』は、鋼に窒素のみを浸入・拡散し、オーステナイト状態から
焼入を行う「浸窒焼入」のことを指す新しい表面硬化熱処理法です。

窒素を浸入させ焼入を行うことにより、安価なSPCC材でも850HV程度の表面
硬度が得られ、内部に窒素が拡散している範囲で硬度を上昇させることが可能
です。

ひずみ量は浸炭窒化焼入の約半分で、ガス軟窒化よりわずかに大きいのみで、
摩擦係数・焼付け面圧は浸炭窒化焼入、ガス軟窒化とほぼ同等、磨耗量は浸炭
窒化焼入材の1/2、ガス軟窒化材の1/3と良好です。

【特長】
■処理後の試料の表面粗さが良好
■処理に必要な時間はガス軟窒化の1/3~1/4程度と大幅な短縮が可能
■浸炭と同程度の焼戻し軟化抵抗を有す
■浸炭窒化の約半分のひずみ量
■摩擦・磨耗特性についても優位性を実証

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連情報

表面硬化熱処理法『N-クエンチ』
表面硬化熱処理法『N-クエンチ』 製品画像
【メリット】
■部品の代替表面硬化法として有用
■低ひずみが求められる部品に対する表面硬化法として有用
■拡散時間を設けて、より内部まで窒素を浸入させることにより、
 より内部まで硬化させることも可能
■ガス軟窒化処理より短時間で深い硬化層を得ることが可能

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
表面硬化熱処理法「N-クエンチ」 ※試作・テスト加工可能
表面硬化熱処理法「N-クエンチ」 ※試作・テスト加工可能 製品画像
【メリット】
■部品の代替表面硬化法として有用
■低ひずみが求められる部品に対する表面硬化法として有用
■拡散時間を設けて、より内部まで窒素を浸入させることにより、
 より内部まで硬化させることも可能
■ガス軟窒化処理より短時間で深い硬化層を得ることが可能

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
《熱処理時の歪みにお困りの方必見!》薄物も対応可能な新熱処理法
《熱処理時の歪みにお困りの方必見!》薄物も対応可能な新熱処理法 製品画像
【特長】
■処理後の試料の表面粗さが良好
■処理に必要な時間はガス軟窒化の1/3~1/4程度と大幅な短縮が可能
■浸炭と同程度の焼戻し軟化抵抗を有す
■浸炭窒化の約半分のひずみ量
■摩擦・磨耗特性についても優位性を実証

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

アイテック株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望 必須
目的 必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス