株式会社先端力学シミュレーション研究所

溶接変形・残留応力シミュレーションソフト『ASU/WELD』

最終更新日: 2020/09/29

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:202008

関連情報

溶接変形・残留応力シミュレーションソフト『ASU/WELD』
溶接変形・残留応力シミュレーションソフト『ASU/WELD』 製品画像
【特長】
■≪ASU/WELD-Express≫
・固有ひずみ法により実部品を短時間で高精度に解析
・使いやすいプリ/ポスト処理
・自動リメッシュ機能

■≪ASU/WELD-Master≫
・実規模を対象とした詳細溶接変形・残留応力予測
・大型構造物を対象とした溶接・組立変形予測
・IMS法による高速解析が可能

【機能】
■≪ASU/WELD-Express≫
・メッシュ生成:専用メッシャー
・基本手法:固有ひずみ
・計算手法:有限要素・陰解法
・使用要素:3次元シェル
・解析規模(上限):300万要素

■≪ASU/WELD-Master≫
・メッシュ生成:推奨/Hyper Mesh
・基本手法:熱弾塑性
・計算手法:有限要素・陰解法
・使用要素:3次元ソリッド
・解析規模(上限):300万要素

製品詳細情報と課題の改善事例は、カタログをダウンロードいただくかお問合せ下さい。
溶接変形・残留応力シミュレーションソフト『ASU/WELD』
溶接変形・残留応力シミュレーションソフト『ASU/WELD』 製品画像
【特長】
■≪ASU/WELD-Express≫
・固有ひずみ法により実部品を短時間で高精度に解析
・使いやすいプリ/ポスト処理
・自動リメッシュ機能

■≪ASU/WELD-Master≫
・実規模を対象とした詳細溶接変形・残留応力予測
・大型構造物を対象とした溶接・組立変形予測
・IMS法による高速解析が可能

【機能】
■≪ASU/WELD-Express≫
・メッシュ生成:専用メッシャー
・基本手法:固有ひずみ
・計算手法:有限要素・陰解法
・使用要素:3次元シェル
・解析規模(上限):300万要素

■≪ASU/WELD-Master≫
・メッシュ生成:推奨/Hyper Mesh
・基本手法:熱弾塑性
・計算手法:有限要素・陰解法
・使用要素:3次元ソリッド
・解析規模(上限):300万要素

課題の改善事例は、お問合せ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社先端力学シミュレーション研究所