株式会社BeeBeans Technologies

本社

【ソフトウェア開発実績】MLF BL11 nvaSqHP

最終更新日: 2021/11/12
4つの散乱データを使用した補正計算を行い、構造因子を導出!Manyoライブラリを利用しています

nvaSqHPは、液体の構造因子S(Q)を導出するための解析ソフトウェアです。

4つの散乱データ(試料、試料容器、バナジウムロッド、バックグラウンド)を
使用した補正計算(吸収補正、セル強度補正、立体角補正、検出器検出
効率補正、多重散乱補正、非干渉性散乱補正)を行い、構造因子を導出。

MLFの解析環境基盤ソフトウェアであるManyoライブラリを利用しています。

【実績概要】
■サービス:ソフトウェア開発
■お客様:日本原子力研究開発機構 様
■場所:J-PARC MLF BL11

※詳しくは関連リンクページをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

※詳しくは関連リンクページをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくは関連リンクページをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社BeeBeans Technologies 本社

製品・サービス一覧(40件)を見る