株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) (公式サイト)

ご連絡はこちら

検索キーワード

株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) 最新ニュース

株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) 注目製品情報

  • ベンカン ステンレス配管 プレス式継手 「ダブルプレス」
    【製品概要】 ダブルプレスは、大型建築及び工場のステンレス配管をターゲットに開発したセーフティー機能付のプレス式メカニカルジョイントです。 近年、首都圏や都市部を中心に官公庁舎、病院、ホテル、福祉施設、インテリジェントビル、ショッピングセンターなどの大型施設の建築が増えています。 また、工期の短縮化の傾向も高まっており、現場における配管施工スピード、均一性、そしてその管理面で優れた継手が求められています。 ダブルプレスは、メカニカルジョイントの特長であるスピード、均一性を活かしつつ、塩化ビニルライニング鋼管と匹敵するリーズナブルコストを実現することが可能です。 また、最大の特長であるセーフティー機能は、差し込み不足、プレス忘れによる不適合施工を未然に防ぎます。
    最終更新日:2016-12-26 13:27:52.0
  • ベンカン ステンレス配管 拡管式継手 「BKジョイント」
    【製品概要】 BKジョイントは、大型建築および工場のステンレス配管をターゲットに開発した拡管式メカニカルジョイントです。 近年、首都圏や都市部を中心に官公庁舎、病院、ホテル、福祉施設、インテリジェントビル、ショッピングセンターなどの大型施設の建築が増えています。 また、工期の短縮化の傾向も高まっており、現場における配管施工スピード、均一性、そしてその管理面で優れた継手が求められています。 BKジョイントは、メカニカルジョイントの特長であるスピード、均一性を活かしつつ、敢えて手で締め込むことによる接合で作業者自らが施工完了を確認し易い拡管式工法を採用しております。 さらに、メカニカルジョイントの中でも、重厚で強固な造りから耐圧強度*を高めており、従来、溶接式管継手やねじ込継手が使用されていた工場内の配管においても、採用率が高まっております。
    最終更新日:2016-12-28 10:15:44.0
  • ステンレス配管 ワンタッチ式継手 「EGジョイント Suタイプ」
    【製品概要】 EGジョイントは、一般配管ステンレス鋼鋼管に対応するメカニカルジョイントです。 従来、ステンレス配管は、専門的な施工技術や大がかりな設備を必要とされ、なおかつ、高額であることから特殊なプラントや病院などの施設でしか使用されておりませんでした。 対して、一般配管への普及を目的に各種メカニカルジョイントが開発されることとなります。 しかし、メカニカルジョイントと言えども、専用の電動工具であったり、パイプレンチなどの工具を必要とします。 結果、工具調達や施工スペース、電源の確保などの煩わしさが付きまとうこととなります。 EGジョイントは、専用工具、パイプ加工、溶接加工、ねじ切り加工などを必要としない驚異のスピード接合を可能とします。
    最終更新日:2016-12-26 13:30:17.0

ベンカンの取り扱い製品一覧へ→

企業ブログ 株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) 企業ブログ

コラム「ステンレス配管のベンカン」

  • Sat Feb 25 10:00:48 JST 2017
    ネギを植えた人
    私の器の小ささから、人間関係に悩んでいた時期がありました。   そんな時、人生の先輩から、「お互い“ネギを植えた人”を目指しましょう!」と励まされたことがあります。   正直、“ネ…
  • Mon Feb 20 12:00:26 JST 2017
    ペットと人間の関係性
    少子高齢化が進む今日においてペットの普及率はものすごく増加しており、2003年には15歳未満の人口を抜いてしまう程にペットが年々増えております。   ここまでペットが普及すると、ペットを動物…
  • Wed Feb 15 10:00:26 JST 2017
    自己受容と自己承認
    成長戦略を推進する上での最優先課題は、間違いなく人材の育成です。   しかし、人が成長するためには、誰にでもあるとされる「現状を現状のまま維持したいと思う無意識の欲求」である「現状維持バイア…
  • Sun Feb 05 10:00:34 JST 2017
    「食」を楽しみ、育む
    人の健康について、WHO憲章では、次のように定義されております。   “Health is a state of complete physical, mental and social w…
  • Mon Jan 30 12:00:47 JST 2017
    現状維持バイアス
    過去にやったことのない目標を達成したいのならば、まずは、行動することだと考えています。 しかし、必ず持ち上がるのが質を優先する考え方です。   私は、この考え方は明確に否定します。 …

ページの先頭へ