株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) (公式サイト)

ご連絡はこちら

検索キーワード
おすすめ情報
NEW

株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) 最新ニュース

株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) 注目製品情報

  • ベンカン ステンレス配管 プレス式継手 「ダブルプレス」
    【製品概要】 ダブルプレスは、大型建築及び工場のステンレス配管をターゲットに開発したセーフティー機能付のプレス式メカニカルジョイントです。 近年、首都圏や都市部を中心に官公庁舎、病院、ホテル、福祉施設、インテリジェントビル、ショッピングセンターなどの大型施設の建築が増えています。 また、工期の短縮化の傾向も高まっており、現場における配管施工スピード、均一性、そしてその管理面で優れた継手が求められています。 ダブルプレスは、メカニカルジョイントの特長であるスピード、均一性を活かしつつ、塩化ビニルライニング鋼管と匹敵するリーズナブルコストを実現することが可能です。 また、最大の特長であるセーフティー機能は、差し込み不足、プレス忘れによる不適合施工を未然に防ぎます。
    最終更新日:2016-12-26 13:27:52.0
  • ベンカン ステンレス配管 拡管式継手 「BKジョイント」
    【製品概要】 BKジョイントは、大型建築および工場のステンレス配管をターゲットに開発した拡管式メカニカルジョイントです。 近年、首都圏や都市部を中心に官公庁舎、病院、ホテル、福祉施設、インテリジェントビル、ショッピングセンターなどの大型施設の建築が増えています。 また、工期の短縮化の傾向も高まっており、現場における配管施工スピード、均一性、そしてその管理面で優れた継手が求められています。 BKジョイントは、メカニカルジョイントの特長であるスピード、均一性を活かしつつ、敢えて手で締め込むことによる接合で作業者自らが施工完了を確認し易い拡管式工法を採用しております。 さらに、メカニカルジョイントの中でも、重厚で強固な造りから耐圧強度*を高めており、従来、溶接式管継手やねじ込継手が使用されていた工場内の配管においても、採用率が高まっております。
    最終更新日:2016-12-28 10:15:44.0
  • ステンレス配管 ワンタッチ式継手 「EGジョイント Suタイプ」
    【製品概要】 EGジョイントは、一般配管ステンレス鋼鋼管に対応するメカニカルジョイントです。 従来、ステンレス配管は、専門的な施工技術や大がかりな設備を必要とされ、なおかつ、高額であることから特殊なプラントや病院などの施設でしか使用されておりませんでした。 対して、一般配管への普及を目的に各種メカニカルジョイントが開発されることとなります。 しかし、メカニカルジョイントと言えども、専用の電動工具であったり、パイプレンチなどの工具を必要とします。 結果、工具調達や施工スペース、電源の確保などの煩わしさが付きまとうこととなります。 EGジョイントは、専用工具、パイプ加工、溶接加工、ねじ切り加工などを必要としない驚異のスピード接合を可能とします。
    最終更新日:2016-12-26 13:30:17.0

ベンカンの取り扱い製品一覧へ→

企業ブログ 株式会社ベンカン (ステンレス配管メカニカルジョイント) 企業ブログ

コラム「ステンレス配管のベンカン」

  • Mon Jan 09 13:53:07 JST 2017
    技術者に求められるもの
    国土が狭く、天然資源が決して豊富でもない日本にとって、その国力を支えているものは何かです。 戦後の高度成長は正に人が支え、人が後押し、牽引した成果であり、その典型が諸外国からも認められる優れた技術者た…
  • Wed Jan 04 12:00:53 JST 2017
    品質のつくり込み
    モノづくりにおいて、「品質保証(Quality Assurance)」は基幹部分であり、だからこそ、「品質のつくり込み」によるベンカン品質の追求に取り組んでおります。   「品質のつくり込み…
  • Sun Jan 01 00:00:11 JST 2017
    いまだ木鶏たり得ず
    謹んで新年のお慶びを申し上げます。 新しい年を迎え、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 本年もよろしくお願い申し上げます。   平成29年(2017年)の干支は、「酉(とり)」…
  • Wed Dec 28 12:00:37 JST 2016
    アイデアの創造
    「マネジメント」の発明者と呼ばれるピーター・F・ドラッガーは、マネジメントには、マーケティングとイノベーションを機能させることが必要であると定義づけています。   最近では、特に「イノベーシ…
  • Sun Dec 25 00:34:10 JST 2016
    短期記憶と第一想起
    人の記憶について考えます。 例えば、「外部記憶」と「内部記憶」の区分です。 この場合の内外とは、記憶を司る脳の内外と捉えるべきです。   つまり、「外部記憶」とは、脳の中にない記憶です。 本…

ページの先頭へ