株式会社21世紀ものづくり日本 ISDI今岡システムダイナミックス研究所

セミナー「回転軸運動の力学と動力費削減技術(特許)」解説書進呈中

最終更新日: 2019/02/08

  • カタログ

実際の負荷運転でもアイドリング運転に近い軸ブレ抑制! 回転抵抗相殺技術(特許) 動力の省エネ、機械加工精度向上実現!

独り相撲やシャドーボクシングではなく
実践で強い格闘家のように
・アイドル運転ではなく実運転の電動機のエネルギー効率を上げる
・空気を削るのではなく工作物を削る生産加工の加工精度を向上させる
・テストコースではなく一般道路で運転する車の燃費改善する
・実践に効果を発揮する
回転抵抗相殺技術登場!


セミナー概要

回転駆振動問題は自動車の駆動系、電動機の主軸、動力伝達の歯車、プーリーなどでエネルギー損失、位置決め精度問題、騒音、安全性など現代の産業界での永遠の課題です。回転軸振動の運動をスポーツ・格闘技の力学を二―トン力学で解説し特許技術の軸ブレ低下の原理を解説します。

特徴

周波数領域での検討は振動の力学的挙動がブラックボックスとなりやすいですが、本セミナーでは高校物理で学ぶニュートン力学での思考実験で理解を深めます。原理を理解した上でものづくり企業での設備や製品に応用し動力費削減、製品加工精度向上、騒音防止などを目的に特許ライセンスを含む共同開発の機会が得られます。

※解説解説書進呈中。詳しくはお問い合わせいただくか、PDFをダウンロードしてご覧ください。

<本技術の価値>
大量生産の現代産業社会は地球環境の悪化や環境破壊にが大きな問題になっています。 人間の労働を代替する回転機械を組み込んだ産業機械は増々増えて電気エネルギーの60%に及びます。クリーンエネルギーの開発にのみ焦点が当たっていますが、エネルギー消費のロスを削減する本技術は現代産業に貢献します。

特許第[6339253]号
 空間群の複数の球状空間部の各々の内部に回転軸に平行な回転軸方向、回転軸に垂直な半径方向、及び回転体の回転方向に、回転体への衝突のための所定のギャップを有して収容され、回転体に対して、回転軸に平行な回転軸方向、回転軸に垂直な半径方向、及び、回転体の回転方向の全方向に衝突する遊動可能な形状が球のそれぞれ1つの錘部を含む錘群を有し、錘部が回転体と一体化しないため、かつ、回転体への錘部の衝突による衝撃力を伝えるためのギャップを持つ制振機構。共振回避のダイナミックダンパーとも偏心回避のバランサーでもなく作用反作用の抵抗相殺の原理を活用。ダイナミックダンーパー(遠心振子)の複雑な機構もバランサーに必要なセンサーや錘を移動させる機構も不要で作りやすい構造である。
価格 1日セミナー参加料1人5万円
開催要領http://www.bizdyn.jp/flow
価格帯 1万円以上 10万円未満
納期 お問い合わせください
※ 開催要領http://www.bizdyn.jp/flow
型番・ブランド名
用途/実績例 電動機、発電機、自動車、生産加工機への装着可能

関連ダウンロード

セミナー「回転軸運動の力学と動力費削減技術(特許)」解説書進呈中

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

株式会社21世紀ものづくり日本 ISDI今岡システムダイナミックス研究所へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ