Haloworld株式会社/カンテック株式会社

セルラーLPWAとLiDARとの組み合わせで河川の水位を予測

最終更新日: 2021/11/04

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

豪雨時などの河川状態の監視に!ディープラーニングを用いて水位の予測が可能
セルラーLPWAデバイス(Ramble)とLiDAR(Vu8)を組み合わせた環境データ計測システムを展示。
河川の状況(水位・濁り・うねり等)や霧検知などに活用することを想定。
セルラー通信には、LTE-catM1方式(poweredby KDDI)を採用。
(LPWAとはLow Power Wide Areaのこと、IoT分野でよく使用されている仕組み)

【システム構成】
◎LiDAR「Vu8」
 ■軽量コンパクトな設計
 ■固定ビーム式でマルチエコー採用
 ■最大215mの検出距離
◎セルラーLPWAデバイス「Ramble」
 ■KDDI網のLTE Cat.M1を採用
 ■移動体通信が可能
 ■SPI/I2C/GPIOインターフェース搭載

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

関連情報

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

Haloworld株式会社/カンテック株式会社