クラスターテクノロジー株式会社 本社

企業情報

樹脂複合材料の開発から成形品量産まで一貫体制で対応します。また自社製のインクジェット機器の販売も行っております。

当社は、複合材料開発製造から精密成形加工、MEMS加工(超微細加工、アッセンブリー)、解析・計測技術まで一貫した技術を有しているだけでなく、それらの基幹技術を融合させ、全く新しい技術を開発しています。機能性を持たせるためのデバイス製造・加工技術は、微細な加工を必要とするため、マクロからマイクロ、ナノにいたる領域の製品を手がけることが可能です。これらの基幹技術を活用して今後、エレクトロニクス、バイオ、医療、光技術、エネルギーなどあらゆる産業界に貢献するナノテクノロジー分野に進出していきたいと考えています。
 たとえば1969年から開発販売しているエポキシ樹脂複合材料『エポハード 』を原料にした成形碍子や、また精密成形用複合材料『エポクラスター 』を原料にしたDVC用シリンダーベース成形品では国内シェアトップ。 また、当社が有する技術を融合させて開発した樹脂製パルスインジェクター は、今後、ナノテクとしての用途が大きく広がる可能性があります。これを活用すれば、生体微粒子であるDNA、タンパク質、菌、バクテリアから金属、セラミックス、有機高分子にいたる物質をさまざまな基板に自由にコントロールしながら配置できます。

クラスターテクノロジー株式会社 企業イメージ
クラスターテクノロジー株式会社 企業イメージ

企業概要

会社名 クラスターテクノロジー株式会社 本社
設立 1996年7月16日
資本金 124072万円
従業員数 63名
所在地

〒577-0836  大阪府 東大阪市 渋川町4丁目5−28

クラスターテクノロジー株式会社 本社

TEL:06-6726-2711
FAX:06-6726-2715

クラスターテクノロジー株式会社 社屋画像
印刷用ページ

事業内容

事業内容
マクロ・テクノロジー事業
国内電気メーカーから屋内用樹脂絶縁材料として認定を得ている熱硬化性エポキシ樹脂複合材料「エポハード」の販売やこれを成形材料とする絶縁成形品としての成形碍子・ブッシングなどを提供しています。

ナノ/マイクロ・テクノロジー事業
熱硬化性エポキシ射出成形用複合材料「エポクラスターJ」と熱可塑性超精密成形用複合材料「エポクラスターT」を開発製造し、これを利用してDVDのシリンダーベースや光ピックアップデバイスなど精度が要求されるエレクトロニクス機器や産業機器の機構部品を提供しています。

当社は、樹脂複合材料を軸に樹脂複合材料の開発・製造、精密成形品の開発・製造、微細加工、マイクロデバイスアッセンブリー、解析・計測の要素技術で一貫した製造により、エレクトロニクス機器や産業機器などの機構部品を提供しています。これら要素技術の融合により生まれた当社独自の新商品として、パルスインジェクターを提供しています。

主要取引先

  • ソニー株式会社
  • 松下電器産業株式会社
  • キャノン株式会社
  • 三菱電機株式会社
  • 長瀬産業株式会社
事業拠点
事業拠点

クラスターテクノロジー株式会社の事業拠点です。

ページの先頭へ