株式会社クリテック工業

おすすめ情報

伸縮装置『ハイブリッドジョイント3LIIAタイプ』 製品画像
伸縮装置『ハイブリッドジョイント3LIIAタイプ』
【NETIS登録製品】大伸縮量(200~600mm)、広遊間(~1230mm)に対応。橋梁周辺環境に配慮した橋梁用伸縮装置 
  • 注目製品

  • 伸縮装置『ハイブリッドジョイント 3LIIタイプ』 製品画像
    伸縮装置『ハイブリッドジョイント 3LIIタイプ』
  • 伸縮装置 ハイブリッドジョイント NS〜LLタイプ 製品画像
    伸縮装置 ハイブリッドジョイント NS〜LLタイプ

製品・サービス(59件)

  • 止水性に優れた伸縮装置『ハイブリッドジョイントNS〜LLタイプ』 製品画像
    止水性に優れた伸縮装置『ハイブリッドジョイントNS〜LLタイプ』
  • 【資料】伸縮装置ラインナップ早見表 製品画像
    【資料】伸縮装置ラインナップ早見表
  • 【資料】伸縮装置自動選定ツール 製品画像
    【資料】伸縮装置自動選定ツール
  • 【資料】ハイブリッドジョイント自動選定ツール 製品画像
    【資料】ハイブリッドジョイント自動選定ツール
  • 【伸縮装置】伸縮装置からの騒音問題!何が原因?点検方法は? 製品画像
    【伸縮装置】伸縮装置からの騒音問題!何が原因?点検方法は?
  • 【伸縮装置】伸縮装置の地覆処理―意外な落とし穴! 製品画像
    【伸縮装置】伸縮装置の地覆処理―意外な落とし穴!
  • 【伸縮装置】後打ちコンクリートに求める性能とは? 製品画像
    【伸縮装置】後打ちコンクリートに求める性能とは?
  • 伸縮装置の選定はこれで完璧!かんたん3ステップ選定法 製品画像
    伸縮装置の選定はこれで完璧!かんたん3ステップ選定法
  • ニュース

    建設技術展2022
    建設技術展2022に出展します!
    このたび、「建設技術展2022関東」に出展することに決まりました! 建設技術展2022関東(C-Xross2022)は令和4年11月16日から17日にわたって、サンシャインシティ展示ホールにて開催さ…
    2022/10/20セミナー・イベント
    カタログ改定! 伸縮装置ハイブリッドジョイント
    この度、約十年の間、製品改良をしているにも関わらずデザインが据え置きされてきた総合カタログを刷新しました! 見た目はあまり変わっていませんが、従来のカタログには載っていなかった製品や技術がたくさ…
    2019/01/14カタログニュース
    「伸縮装置Navi」公開中
    「伸縮装置Navi」とは、橋梁用伸縮装置についてお悩みの方のための徹底ガイドです。 「どういう種類の伸縮装置があるかわからない」という新米担当の方から、 「補修の施工手順を知りたい」「複数メーカー…
    2018/10/17企業ニュース
  • 企業ブログクリテック工業公式サイト-お知らせ

    年末年始休業日のお知らせ
    誠に勝手ながら、弊社では下記日程で年末年始休暇を実施させていただきます。ご迷惑を 投稿 年末年始休業日のお知らせ は 伸縮装置メーカー 調査・設計から製造・販売・施工まで|株式会社クリテック工業 に最…
    2022/11/01
    経営計画発表会の御礼
    お蔭様で、第28期経営計画発表会が無事に終了いたしました。ご協力をいただき誠にあ 投稿 経営計画発表会の御礼 は 伸縮装置メーカー 調査・設計から製造・販売・施工まで|株式会社クリテック工業 に最初に…
    2022/10/11
株式会社クリテック工業 ロゴ

株式会社クリテック工業について

ゴム技術とメタル技術を複合した「複合技術」で橋梁周辺環境に優しい 伸縮装置を開発しております。【NETIS登録】
【株式会社クリテック工業は、誠実な社員と健全な協力会社と理解ある顧客との最高の信頼関係を構築し、社会に貢献し続ける企業を目指す。】

株式会社クリテック工業は上記理念を掲げ、道路橋梁用伸縮装置の総合メーカーとしての責任を果たすべく、橋梁周辺環境に優しく、環境保護に貢献する橋梁用伸縮装置を開発し続けてまいりました。

また、株式会社クリテック工業は、製品製造に止まらず、設置工事まで責任を持って実施することも多く、設置時に発生する問題点や撤去した既設伸縮装置の損傷状況を勘案して製品改良に努めております。
今後も開発・設計・製造・販売・施工を一貫して自社で行い、お客様のご要望に沿った製品の開発をしてまいります。

◆橋梁用伸縮装置とは・・・
橋台と橋桁、又は、橋桁と橋桁との隙間に設置されるものです。

橋梁を設計する際、橋桁が温度変化などによって伸び縮みをするため、橋桁と橋台とがぶつからないように、また橋桁と橋桁とがぶつかり合わないように、 遊間(隙間)を設けます。

この遊間を覆い、車や歩行者の走行を確保するために橋梁用伸縮装置が必要となります。