ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社

注目製品情報

  • UF型除濁装置(中空糸型ろ過装置) 製品画像
    UF型除濁装置(中空糸型ろ過装置)
    『UF型除濁装置』は、バイオマスプラスチック(酢酸セルロース)製の 「中空糸膜」を使用した高性能なろ過装置です。 親水性に優れた膜素材「酢酸セルロース」により、 膜面が汚れにくく、高い透水性能を安定的に維持できます。 浄水処理用途だけでなく排水再利用にも使えるため、 水処理用モジュールとして、幅広く活用されています。 【特長】 ■ローコスト・ハイパフォーマンスを実現 ■幅広い原水水質に対応 ■原水にベストマッチする中空糸を選択可能 ■膜パッケージは樹脂を使用し、耐食性が向上 ■フィルターの廃棄処分がカンタン ■膜面の透水性能を高く保つことが可能 【用途】 ◎地下水、工業用水、海水の除菌・除濁  ◎排水リサイクル・リユース
  • 中空糸型モジュール(小・中型) 製品画像
    中空糸型モジュール(小・中型)
    ■その他詳細については、カタログダウンロードもしくはお問い合わせ下さい。
ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社 ロゴ

ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社について

未来の水をクリエイト
ダイセンメンブレン・システムズは、株式会社ダイセルとセントラルフィルター工業との合資で生まれた、分離膜モジュールの製造・販売会社です。株式会社ダイセルでの、分離膜モジュールの技術と経験を生かし、これまでの豊富な実績の「発酵」「酵素」「医薬・医療」「バイオ」「食品」「原子力」「し尿処理」「中水道」はもとより、未来の「膜ろ過式浄水場」から「下水再利用システム」など、ダイセン・メンブレン・システムズは、今、水処理分野で大きく飛躍しようとしています。

ページの先頭へ