第一熱研株式会社

【採用事例:可燃性ガス濃度測定】超音波ガス濃度計

最終更新日: 2018/12/05

  • カタログ

検知部に熱源が無いので可燃性ガスが燃焼する条件を軽減して測定します。

『超音波ガス濃度計』の採用事例をご紹介します。

あるプロセスに水素やメタン、プロパンのような可燃性のガスが、任意の
濃度で使用されます。これらのガスは、酸素などの支燃性ガスと一定割合で
混合され、熱源があると燃焼爆発を起こします。

当社製品は検知部に熱源が無く、可燃性ガスが燃焼する条件を軽減して
ガスの濃度を測定することが可能です(ただし、防爆仕様ではありません)。

【事例】
■用途:可燃性ガス濃度測定
■対象機種:US-IIT シリーズ、US-IT シリーズ

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【採用事例:可燃性ガス濃度測定】超音波ガス濃度計

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

第一熱研株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ