株式会社大検 本社

デジタルラジオグラフィ(DRT)検査のご案内

最終更新日: 2018/12/17

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

鋳鋼品等の内部構造の検査など!DRTを利用した方法を積極的に活用しています
当社では、従来のフィルムに代わるIP(イメージングプレート)の媒体を使用し、
コンクリート構造物や配管・鋳鋼品等の内部構造・状態をDRTを利用した方法を
積極的に活用しています。

フィルムに代わり撮影データ画像のご提供が可能となります。

本機(FUJIFILM Dynamix HR2)の特長として、板厚差の大きな対象物を
1回の撮影で検査が可能なため、検査時間の短縮ができます。

【本機(FUJIFILM Dynamix HR2)による検査の特長】
■専用ソフトによる解析・測定
■濃度補正が可能
■板厚差の大きな対象物を短時間で検査できる
■画像による分かりやすい報告が可能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連情報

データ画像で分かりやすく報告!デジタルラジオグラフィ(DR)検査
データ画像で分かりやすく報告!デジタルラジオグラフィ(DR)検査 製品画像

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

デジタルラジオグラフィ(DRT)検査のご案内
デジタルラジオグラフィ(DRT)検査のご案内 製品画像

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

株式会社大検 本社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ