株式会社イー・アイ・ソル

最新ニュース

注目製品情報

  • 音の見える化やAIを使用した『生産設備予知保全ソリューション』 製品画像
    音の見える化やAIを使用した『生産設備予知保全ソリューション』
    当社では、『IoT / 予知保全ソリューション』を展開しております。 「音の見える化」を実現し、異音発生場所を瞬時に特定する、音源可視化装置の開発・販売や、「予知保全システム構築コンサルティング」は、MT法を採用し、センサーデータから異常傾向判定を自動で行う、予知保全システムの構築を行っております。 「音源可視化装置」は、最大25fpsの高速処理により、突発音もリアルタイムに“見える化”します。販売後、多くのお客様にご利用いただいております。 「IoT / 予知保全システム構築コンサルティング」は、振動等のデータを状態監視し、MT法を採用し異常傾向時の自動判定を行います。 上位の見える化・遠隔監視・異常時のチケット発行には、Bosch PPMを採用。計測から自動判定・見える化まで、トータルシステムを構築致します。 【特長】 ■「何から始めて良いのかわからない方」も、検証段階からサポート ■NGデータがなくてもOKデータだけで検証可能。 ■計測から上位見える化までトータルシステム構築。 ◎詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • ポータブル騒音計 -タブレットPCベース 4ch複数センサー対応 製品画像
    ポータブル騒音計 -タブレットPCベース 4ch複数センサー対応
    WindowsタブレットPCを採用したポータブル騒音計です。 通常の騒音計にはない機能が多数搭載されています。  ・Windowsベースならではの表現力  ・音データ以外(振動やエンジン回転等)の同期収録・保存が可能  ・騒音計をお持ちの場合には、騒音計の外部出力の入力が可能  ・標準機能の他に、オプション機能として様々な解析・機能追加が可能です  ・ソフトウエアは、LabVIEWベース  ・ソフトウエアのカスタマイズ可能    →お客様にてご希望される機能を追加し、出荷します。  ・標準は、バイナリ形式保存。CSVファイル出力機能も標準搭載。   Excelや他ソフトウエアでの解析用データとして使用出来ます。 通常の騒音計として、データロガーとして、複数センサーを使用したオシロスコープとして、PCベースによる表現力により、データをビジュアル化・見える化します。 カスタマイズにより、判定機能や信号出力等、様々な機能追加が可能になります。 カスタマイズは、弊社にて行っております。

ページの先頭へ