株式会社エルコム

e-PEPシステム プラスチッククリーンエネルギー化システム

最終更新日: 2021/04/07

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2021/01
プラスチック、使用後は捨てずにエネルギーへ
◆e-PEPシステムの紹介◆

e-PEPシステムは、事業で発生する廃プラスチックを燃料化して自社のエネルギーとして自社内で循環利用することができます。
プラスチックは石油由来の成分で、化石燃料と同等の高い発熱量があります。e-PEPシステムは事業所単位で設置が可能な小型サーマルリカバリーシステムです。
既設のボイラ設備に接続して廃プラスチックに潜在する高いエネルギーを回収。自社内での創エネルギーを可能にします。

●省CO₂
ライフサイクルアセスメント(LCA)から見ると、e-PEP導入により、1システムあたり年間230~290tCO₂のGHG削減効果が得られます。
※EY新日本有限責任監査法人によるLCAに基づく削減貢献量の算出データより

●プラスチック問題解決
プラスチックは土に還るまで500年と言われ、埋立による土壌汚染や、マイクロプラスチックなどのプラスチック海洋汚染が深刻化しています。
使用済プラスチックから新エネルギーへ変換して有効利用することによりプラスチックに関わる環境問題を解決します

●詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。

関連情報

【プラスチック有効利用】自社クリーンエネルギー化&環境貢献
【プラスチック有効利用】自社クリーンエネルギー化&環境貢献 製品画像
e-PEPシステムは、使用済プラスチックを樹脂燃料に再生する燃料化装置と再生された樹脂燃料を主燃料とする樹脂燃料ボイラ (温水・蒸気仕様)で構成されます。

<特徴>
1.汎用プラスチックの約7割のエネルギー化が可能。(ナイロン、塩ビは除く)

2.プラスチックの高い発熱量を無駄なく70%の高効率にクリーンエネルギー化が可能。

3. 燃料化工程がシンプル。硬質プラスチックは破砕のみ、軟質プラスチックは破砕後圧縮して燃料化が可能。

4. コンパクト設計。自社で設置・運用が可能。ボイラ伝熱面積5m2以下のため設置にあたり取扱い資格不要・法定検査不要。

5.『イーヴォル』は、排ガス規制値クリア。既設設備に影響なく接続運用が可能。プラスチックエネルギーを補助熱源に自社内省エネを実現。

●只今『貴社の使用済プラスチックの価値を知ろう』キャンペーン実施中。
随時オンラインにて説明会を実施しています。お気軽に問合せください。

●シミュレーション、設置、運用までトータルでサポートいたします。
ご相談だけでもお気軽にお問い合わせ下さい。


お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社エルコム