株式会社エルコム

廃プラスチック燃料化システム『e-PEP』

最終更新日: 2019/07/08
≪廃プラスチックを処理する=エネルギーをつくる≫廃プラスチックの燃料化・地産地消・完結型リサイクル

e-PEPシステムは、廃プラスチックをペレット化して専用の樹脂ボイラーでエネルギーを回収します。いわば、動脈産業の静脈的な役割を果たすリサイクルシステムです。

■創エネ・燃料コストカット
事業で発生する廃プラスチックをペレット燃料化して自社エネルギーとして循環利用を可能にして、燃料コストを大幅に削減します。

■廃プラゼロ化・処分コストカット
廃プラスチックの代替エネルギー利用により、廃プラスチックの排出を抑制し、処分コストを大幅に削減します。

■環境負荷・CO₂カット
輸入燃料への依存度を軽減し、原油を輸入して精製する重油や灯油に比べて、燃料運搬にかかるCO₂を1/4にまで削減します。

関連動画

基本情報

プラスチックの成分や形状に応じて、燃料化には3通りの処理方法があります。 

1. 発泡スチロール
比重の軽い発泡スチロールは、発泡スチロール減容機スチロスで破砕・圧縮し、樹脂ペレット製造機ステラでペレット造粒して燃料化します。

2. 軟質プラ(フィルム、袋、発泡トレー)
フィルム、袋、発泡トレーなどの軟質プラスチックは、破砕機プラクラッシャーで 3~15mm程度に破砕後、樹脂ペレット製造機ステラでペレット造粒して燃料化ます。 

3. 硬質プラスチック(ボトル、容器など)
嵩比重が3.0以上ある硬質プラスチックは、3~15mm程度に破砕するだけで燃料として供給することが可能です。

〈樹脂ペレット燃料ハイブリッドボイラー イーヴォル〉
樹脂ペレットボイラーイーヴォルは、燃料化された廃プラスチックを安全でクリーンなエネルギーに変換します。既設ボイラー設備にイーヴォルを接続させて、給湯負荷ベース部分をイーヴォルの廃プラエネルギーでバックアップ。既存燃料の使用量を抑え、設備の大幅な省エネ・省コストに付与します。




詳しい製品の仕様や処理能力はカタログをご覧ください。

価格 -
詳細はお問い合わせください
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 e-PEP廃プラスチック燃料化システム 
用途/実績例 ■食品流通業で
魚箱、食品トレー、梱包シートなどを燃料化して、自社内でエネルギー利用
 ・廃プラスチック処分コストの削減
 ・容器包装リサイクル法の回収率向上と委託費の削減
 ・洗浄・加工ラインで温水ボイラーとして利用→燃料コストの削減

■プラスチック関連製造業で
製造工程の端材やロス分を燃料化して、自社内でエネルギー利用
 ・端材等の廃棄処分コストの削減
 ・製造ラインの蒸気ボイラーとして利用→燃料コストの削減

■農業関連の生産地で
農業ハウス用シートや育苗ポットなどを燃料化して、エネルギー利用
 ・農業廃材の処分コストの削減
 ・農業ハウスの加温に利用→燃料コストの削減

■離島・漁場で
漂流・漂着ゴミを燃料化して、エリア内でエネルギー利用
 ・漂着ゴミの処分コストの削減
 ・養殖・水産加工場の洗浄ラインで温水利用→燃料コストの削減
 ・海岸の環境保全

ラインナップ

型番 概要
EV-H1-A 樹脂系固形燃料ハイブリットボイラーイーヴォル
ST1-A 樹脂ペレット製造機ステラ
ST1-A-AQ1 発泡スチロールペレット製造機ステラ‐コネクト
ELC-55 樹脂破砕機プラ・クラッシャー

詳細情報

img_e-pep_evol (1).jpg
樹脂系固形燃料ハイブリットボイラーイーヴォル
製品全体画像
img_e-pep_evol_d.jpg
イーヴォル外形図
詳細はお問い合わせください。
ステラ_正面.png
樹脂ペレット製造機ステラ製品画像
stella-catalog-drawing.jpg
ステラ外形図 詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

株式会社エルコムへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス