Enevo Japan株式会社

【導入事例】千葉県養鶏業者での超音波センサーを使った活用事例

最終更新日: 2022/05/10
飼料の製造の合理化や配送の効率化、タンク残量を確認する手間と労力の軽減を目的に導入した事例

千葉県の養鶏業者で超音波センサーを使った活用事例をご紹介します。

飼料の製造の合理化や配送の効率化などを目的として導入し、
センサーで取得するデータを、飼料メーカー、配送業者、畜産農家で共有。

飼料タンク内の餌の残量を好きなタイミングで確認できるため、
先読みしての手配や段取りが可能できるようになりました。

【事例】
■導入の目的
・飼料の製造の合理化
・飼料の配送の効率化
・飼料タンク残量を確認する手間と労力の軽減
■使い方
・取得するデータを飼料メーカー、配送業者、畜産農家の3者で共有
・センサーにかかる費用を3者で振り分けて負担

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連カタログ

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

Enevo Japan株式会社