フォス・ジャパン株式会社

近赤外分析計『NIRS DS2500/F』

最終更新日: 2023/09/04

  • カタログ

試験室における成分測定から研究開発でのご使用まで対応する近赤外分析計!抜群の操作性と先端のNIRテクノロジーを融合!

『NIRS DS2500/F』は、試験室における成分測定から研究開発でのご使用まで様々なニーズに対応できる高性能近赤外分析計です。新開発の高性能分光スキャニングモノクロメーターを搭載したほか、新型モーターエンコーダー、ハイグレードベアリング及びシャフトの採用などノイズの発生要素を徹底的に見直すことで、卓越した低ノイズ化を達成しました。またXDSシリーズでその優れた性能が証明された光学系機構を継承。全波長領域において高い水準のスペクトル分解能を実現しています。

【特長】
■全波長域にわたる圧倒的な光学性能(400-2500nm)
■新開発の分光モノクロメーター搭載
■卓越したS/N比を実現
■検量線移植性能を高める機器標準化調整(工場出荷時)
■試料カップ回転ユニットによる代表性の高い測定結果

※詳細は資料請求して頂くか、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。

関連動画

【その他の特長】
■内部冷却水循環機構による温度安定化システム
■1サンプルあたり30~60秒の迅速な測定時間
■Silicon検出器、Pbs検出器のデュアルディテクター搭載
■PLS検量線、ANN検量線及びLOCAL検量線など多彩な検量線に柔軟に対応
■安心の本体自己診断機能

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細情報

サンプルハンドリングユニット
試料をカップにのせ、カップを本体にのせたあとは測定開始ボタンを押すだけの簡単操作。測定結果を迅速に求められる製造現場を想定して利便性を徹底的に追及したNIRS DS2500は特別なトレーニングを必要とすることなくどなたにでも簡単に測定を行えます。また、試料カップ回転ユニットにより、カップ底面部から複数ポイントのスポットデータを収集できるため、1試料のデータから平均代表値をとることができます。

DS2500.jpg

RFID内蔵サンプルカップ
RFID(無線チップ)内蔵サンプルカップを用いることで、カップを測定部にセットした際、RFIDに事前登録されたサンプル情報をソフトウェア上で自動認識させることができます。このためサンプル情報を入力する手間を省くだけではなく、多検体サンプル測定時の入力ミスを防止することが可能となります。

DS2500-1.jpg

簡単メンテナンス
長期間の使用で光源ランプがきれた場合でも、ご自身で簡単にランプ交換を行えるため、機器のダウンタイムを最小限におさえられます。
またランプ交換に伴い光学系の微調整が必要な場合は、専用の調整カップ(ERC、EWCカップ※オプション)により確実な調整作業を簡単に行えます。

DS2500-2.JPG

サンプルカップ
粉乳、小麦粉、飼料のような粉体サンプルをはじめ、ペレットサンプル、半液状サンプル、スラリー状サンプルや牧草、さとうきびのような細裂サンプルまで多種多様なサンプルにあわせた各種サンプルカップを使用できます。また使い捨てのプラスチックシャーレも使用可能となっており、測定サンプルの形状にあわせた柔軟な測定を行えます。

DS2500-3.JPG

検量線移植性能
旧来の検量線を移植して引き続きご使用できます。100%の互換性を備えているため、長年お使い頂いたフォスの近赤外分析計からの後継機としてお使い頂けます。検量線移設においては、お互いの機器間差を補正する標準化ファイルの適用により確実な移設、測定を可能としています。

DS2500-4.JPG

関連ダウンロード

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

フォス・ジャパン株式会社

ページの先頭へ