フォス・ジャパン株式会社

生乳用細菌数/体細胞数測定装置『バクソマティック』

最終更新日: 2023/09/04

  • カタログ

細菌数及び体細胞数を同時測定!ヒーター内蔵により低温サンプルでも測定可能

『バクソマティック』は、生乳受入現場、生乳検査場における生乳の
衛生的乳質検査にお使い頂ける生乳検査ソリューションです。

生産者レベルでの乳房炎、衛生状況の管理や乳業工場における
原料乳の受入検査のモニターでお使い頂けます。

連続して4検体のサンプルを連続吸引、測定可能。優れたパフォーマンス、
操作性、安全性を備え、低レベルの細菌数、体細胞数でも高精度に
同時に測定することが可能です。

【特長】
■細菌数及び体細胞数を同時測定
■フローサイトメトリー測定機構搭載
■生乳中細菌総数(IBC)測定(9分以内)
■体細胞数測定(2.5分以内)
■コンパクト設計による省スペース化

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連動画

【その他の特長】
■ヒーター内蔵により低温サンプルでも測定可能
■サンプルの前処理不要
■全自動クリーニング
■7インチ大型タッチスクリーンによる優れた視認性
■外部PC接続不要
■安全性を高めた試薬バッグシステム

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細情報

■ 細菌数および体細胞数を同時測定
独自のフローシステムにより、吸引された生乳は細菌用インキュベーター又は体細胞用混合チャンバーに送られます。
細菌及び体細胞の測定は同時に、または別々に行なうことが可能ですが、結果を得るまでの時間に差があります。8分間のインキュベーションが必要な細菌と違い体細胞はインキュベーションが不要であるため、細菌の測定よりも迅速に結果を得ることができます。

1_同時測定.JPG

■ フローサイトメトリー
バクソマティックは、世界の生乳検査機関で広く普及したバクトスキャンおよびフォソマティックと同じフローサイトメトリー技
術を搭載。フローサイトメトリーは、生乳中に存在する細胞や細菌などの特性を、レーザー光や蛍光色素を利用して1個ずつ迅速かつ高感度に定量測定する方法で、世界の生乳検査機関での取引検査においても長年にわたり広く活用されています。

2_フローサイトメトリー.JPG

■ 試薬バッグシステム
試薬※に手を直接触れることのなくセットが可能な安全設計。
試薬バッグを本体にセットして前面扉を閉めるだけの簡単セットアップ。各試薬の事前調合は必要ありません。

3_試薬バックシステム.JPG

■ 精度管理専用試薬(BCS、PCS、FMA)
人口粒子を含んだ専用の試薬により、細菌数、体細胞数の測定性能をモニタリング。検出性能をマスター機の検出系の感度にあわせて補正し日々の測定結果の信頼性を確保できます。

4_精度管理専用試薬.JPG

関連ダウンロード

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

フォス・ジャパン株式会社

ページの先頭へ