フォス・ジャパン株式会社

近赤外 栄養成分分析装置『フードスキャン2』

最終更新日: 2023/09/04

  • カタログ

惣菜や弁当の各種栄養成分を最短25秒で同時に測定可能。サンプル前処理も簡単!

惣菜や弁当、一般食品の栄養成分表示が2020年4月から義務化されました。
効率的な分析手法の一つとして、迅速かつ高精度な栄養成分分析が行える
近赤外成分測定装置『フードスキャン2』をご提案します。

本機はさまざまな食品の検量線を標準搭載し、サンプル100gあたりの
水分・たんぱく質・脂質・塩分・炭水化物など各項目を最短25秒で同時に測定できます。

カロリー表示にも対応。粉砕したサンプルを
ビニールバッグに入れてそのまま測定できる点もメリットです。

【特長】
■食品表示基準に対応した栄養成分表示項目を同時に測定可能
■透過型近赤外分析法による高精度・高速測定(最短25秒)
■お惣菜・お弁当用検量線を搭載、開発は不要
■広範囲なスキャニング面積(1サンプルの面積約50%)

※詳しくはダウンロードボタンより資料をご覧ください。

関連動画

【製品のその他の特長】
■バッチ標準化サポート機能を搭載
■大型カラータッチパネルスクリーン搭載(Pro、LabTSモデル)
■独自の標準化技術により機器間誤差を補正
■コントロールサンプルによる装置のモニタリング
■フォスデジタルサービス接続(Foss Manager、Foss Assure)

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 近赤外成分分析装置『フードスキャン2』
用途/実績例 【測定対象例】
 さまざまな種類のお惣菜やお弁当
 (弁当、サラダ、サンドイッチ、麺類、おかずなど)

※詳しくはお問い合わせ下さい。
ラインアップ
型番 概要
FoodScan2 Pro 防水・防塵構造(IP65)で試験室のほか高湿度な製造ラインのそばでも安心してお使い頂けます。
FoodScan2 LabTS Proモデルと同じ本体仕様ですが、IP43設計のため製造現場のそばの個室検査室などでお使い頂けるモデルです。
FoodScan Lab FoodScan Lab Pro・LabTSモデルと基本性能は同じですが、タッチパネルスクリーンを搭載せず、外部接続したPC端末で測定操作を行います。

関連ダウンロード

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

フォス・ジャパン株式会社

ページの先頭へ