フォス・ジャパン株式会社

【資料】近赤外分析法で食品の色と組成成分を同時に測定

最終更新日: 2023/09/04

  • カタログ

“現代の食品製造における色について”や“フードスキャン2による色測定”などについて掲載!

食品の色、色合いに対する関心が高まっていますが、色の測定は視覚検査や
専用の装置(色彩計など)が必要となり、また時間がかかってしまいます。

しかし分光測定装置で組成成分と同時に色の測定ができるとすればどうでしょうか。

当資料では、色測定の定義、測定方法、また装置で得られた測定結果と
一般的なカラーメーターとの比較に関する情報をまとめています。

この測定機能を食品製造管理の中で活用するために、加工食品における
色測定の背景、また色項目の定義、測定方法についてご紹介します。

【掲載内容】
■現代の食品製造における色について
■色:定義と測定原理
■フードスキャン2による色測定
■色彩計とフードスキャン2での色測定の比較
■まとめ:色を同時測定することの利点

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【資料】近赤外分析法で食品の色と組成成分を同時に測定

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

フォス・ジャパン株式会社

ページの先頭へ