富士瓦斯株式会社(フジガス)

2021/11/15
森林由来クレジット付き フジガス・カーボンニュートラルLPガス販売について

森林由来クレジット付き フジガス・カーボンニュートラルLPガス販売について

森林由来クレジット付き フジガス・カーボンニュートラルLPガス販売について

企業ニュース   掲載開始日: 2021/11/15

 フジガスでは、LPガスの燃焼時に発生する温室効果ガスを全量カーボンオフセットした『フジガス・カーボンニュートラルLPガス』(以下「FCN-LPG」)(※)の販売を開始しました。

 LPガスは日本全国の約 4 割の家庭で使われており、国土カバー率はほぼ100%、民生用のエネルギーとしては極めて重要な役割をはたしています。しかし、燃焼時には必ず温室効果ガスを排出します。

 そこで、フジガスでは日本国内の貴重な資源である山林の管理及び保全活動によって吸収される温室効果ガスをカーボンクレジット化し、そのクレジットを付与する形でカーボンオフセットを行う手法を導入しました。今後、グリーン LP ガスの開発が進むまでの間、本件を皮切りに国内の森林由来等カーボンクレジットを活用したLPガスの販売を推進していく方針です。

 将来はフジガス独自での植林活動などによるクレジット開発にも取り組んでいくことで、今後も持続可能な社会の実現に向けて積極的に取り組んで参ります。

※:LPガスの消費(燃焼)において 発生する温室効果ガスについて、カーボンクレジットを用いてオフセットしたものです。

関連製品情報

フジガス・カーボンニュートラルLPガス【LPガス×森林保全】
フジガス・カーボンニュートラルLPガス【LPガス×森林保全】 製品画像
フジガスはLPガス事業者としてカーボンニュートラル(温室効果ガス排出ネットゼロ)を目指すとともに森林保全活動を推し進めます。

フジガスでは、LPガスの燃焼時に発生する温室効果ガスを全量カーボンオフセットした『フジガス・カーボンニュートラルLPガス』(FCN-LPG・通称:富士山LPG)の販売を開始しました。 『やまなし県有林活用温暖化対策プロジェクト』により創出したカーボンクレジットを用いLPガスから排出される温室効果ガスをネットゼロとしています。 山梨県ではこのクレジットの売却益を使い、更なる森林の保全、生物の多様性の確保に配慮した持続可能な森林経営を推進します。 このように適切に管理された森林が増えれば土砂災害を未然に防ぐ事が可能になり防災に繋がるという循環が生み出されます。 このFCN-LPGは全国でご提案が可能で、メーター使用(家庭用・事業所用問わず)されているLPガス、パラソルヒーターといった小型ボンベでお使いのLPガス、非常用発電機等の非常用備蓄LPガス等、様々な形態での利用が可能です。 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

富士瓦斯株式会社(フジガス)