株式会社G-Place

設備資材事業グループ

施工実績画像集|高所作業時の安全対策に!転落防止システム「アクロバット」

最終更新日: 2020/03/21

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

フルハーネス対応の転落防止システムの施工実績画像集です。国外700件以上、国内1件の設置実績を画像でご紹介いたします。
フルハーネス対応の転落防止システム!フルハーネス原則着用義務化に向け、ランヤードフックのかける先をシステムとしてご提案いたします!

ハゼ式折版やボルト式折版、コンクリート陸屋根まで形状に合わせて取り付けることができる『ワイヤータイプ』、屋根、屋上のメンテナンスや点検作業に必須の『ガードレール&ウォークウェイ』を設置可能です。

【特長】
■ハゼ式折版やボルト式折版、コンクリート陸屋根にも形状に合わせて取り付け可能
■様々な勾配に対応し、階段状に設置することも可能
■複数の作業員が同時に使用可能                など

※詳しくはPDFダウンロード、またはお気軽にお問い合わせください。

関連情報

新常識!常設型転落防止システム「アクロバット(akrobat)」
新常識!常設型転落防止システム「アクロバット(akrobat)」 製品画像
アクロバットは屋根上に設置する常設型の転落防止システムです。
アンカーの間にワイヤーを通し、そのワイヤーについた専用金具(グライダー)にランヤードフックをかけて移動することで、墜落制止機能を果たします。
「パススルー」という機構により、アンカー部を通過する時もフックを付け替えることなく移動が可能です。
屋根上での移動範囲を制限することで、天窓等の落下危険ポイントに人を近づけないという特徴もあります。

パススルー動画 → https://youtu.be/Ur4x7RWuXaY

幅広い屋根材に対応可能ですが、防水等の問題もございますので必ず事前に御相談ください。

基本構成は
・スパイダー (屋根上設置アンカー)
・ショックアブソーバー
・ワイヤー
・グライダー
です。

設置メーター数とカーブの数がわかれば、概算のお見積りも可能です!

ぜひお気軽にお問い合わせください!
フルハーネス義務化に合わせてご検討ください!転落防止システム
フルハーネス義務化に合わせてご検討ください!転落防止システム 製品画像
日本では毎年200人を超える労働者が、墜落・転落により命を落としており、負傷者を含めるとその数は2万人にも及びます。

日本の高所安全対策は、まだまだ足場や親綱支柱といった仮設物が一般的ですが、現実問題としての安全性を危惧する声は高まっており、上記の法改正を機に今まさに多くの事業者様が「常設型の安全対策」の設置を検討されています。

一方、欧米では「常設タイプの墜落制止システム」はもはや常識となっております。

本製品は欧米(EN)規格の強度基準に適合しており、東南アジアを中心に設置実績は700件を超えます。
空港や展示会場など、公共性の高い場所に採用されている信頼性の高い製品です。

※詳しくはPDFダウンロード、または営業担当までお問い合わせください。

お問い合わせ

株式会社G-Place 設備資材事業グループへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

カタログ 一覧(64件)を見る