株式会社G-Place

設備資材事業グループ

フライアッシュと廃プラスチックの再資源化!『エコロボード』

最終更新日: 2019/07/12
火力発電副産物フライアッシュと廃プラスチックを特殊混錬し再資源化! 環境に配慮した新しいタイプのプラスチック敷板。

『エコロボード』は環境樹脂角材エコロ木シリーズに次ぐ第二弾です。

「エコロボード」とは年間約1000万トンに迫る発生量と言われる火力発電副産物である『フライアッシュ』と 現在社会問題として取り上げられている『廃プラスチック』を特殊混錬し成型、再資源化したした環境に配慮した新しいタイプのプラスチック製敷板です。
環境を配慮し、廃プラスチックは国内再生リサイクル原料を使用。フライアッシュは「JIS灰:フライアッシュ2種」を使用しております。

当社は1969年の創業以来、自然と調和し環境と共存する持続可能な循環型社会を実現するため、環境関連事業のパイオニアとして独自の商品・サービスを提供し続けてきました。

【特長】
■ポイント1
1枚の重量が軽量なため敷設・撤去が手軽に行えます。

■ポイント2
敷鉄板と異なり設置時の重機の利用が押さえられることで重大事故の発生が低減される事や、CO2の削減にもなります。

■ポイント3
耐荷重、対候性に優れた素材を使用している為、繰り返し何度も使用で来ます。

※詳しくはPDFダウンロード、またはお問い合わせください。

基本情報

【製品仕様】
<エコロボード ハードタイプ>
■サイズ:910×1820mm/1200×2400mm
■厚み・シボ:S 片面凸 16mm(13+3) / W 両面凸 19mm(3+13+3)
■重量:3×6サイズ 約25kg / 4×8サイズ 約45kg
■色:黒
■材質:再生ポリエチレン・石炭火力発電所から発生した石炭灰

<エコロボード ソフトタイプ>
■サイズ:910×1820mm
■厚み・シボ:S 片面凹 mm(13+3)
■重量:3×6サイズ 約35kg
■色:黒
■材質:再生塩化ビニル・石炭火力発電所から発生した石炭灰

【メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019 ~建設資材展~出展!】
会期:2019年7月24日(水)~26日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 西2展示棟 (小間番号:W2U-24)

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 ※詳しくはPDFダウンロード、またはお問い合わせください。

お問い合わせ

株式会社G-Place 設備資材事業グループへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(45件)を見る