八光オートメーション株式会社

STRIPERはなぜ曲率で評価するのか?

最終更新日: 2020/03/24

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

対象物表面の歪を評価する「面歪スキャニングセンサ」についての技術資料
八光オートメーション株式会社の「面歪スキャニングセンサ STRIPER」は、ストライプパターンの変化量(変位)から曲率を算出し、対象物表面の歪を評価します。

"変位”ではなく、なぜ"曲率”なのでしょうか?
数μmの微小歪を"変位”で評価しようとすると、測定対象面の変位の中に
埋もれてしまうため、歪部分の区別・抽出が困難です。
微小歪を"曲率”で評価すると、測定対称面の緩やかな変化・傾きは
曲率半径が大きく曲率はほぼ“0”になるのに対し、歪み部分は曲率半径が
小さいため、曲率が大きく変化し区別が容易となります。

【掲載内容】
■曲率とは?
■メリット

詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連情報

STRIPERはなぜ曲率で評価するのか?
STRIPERはなぜ曲率で評価するのか? 製品画像
【概要】
■曲率とは?
 ・曲線の一部を円で置き換えたものと見なして
  円の大きさで曲がり具合を表した指標が「曲率半径」
 ・曲率は曲率半径の逆数「曲率=1/曲率半径」

■メリット
 ・歪み部分は曲率半径が小さいため、曲率が大きく変化し区別が容易

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

八光オートメーション株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

カタログ 一覧(31件)を見る