ハリオサイエンス株式会社

HARIO バッフル付三角フラスコ

最終更新日: 2019/04/26

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

培養実験に適した耐熱ガラス製の【 バッフル付三角フラスコ 】
【掲載内容 ※詳しくはPDFをダウンロードしてください】

耐熱ガラスメーカー「ハリオサイエンス」が
お客様の声にお応えして、新製品ができました。

【 バッフル付三角フラスコ 】の資料です。
内側に〈バッフル=邪魔板〉と呼ばれる
出っ張り加工が施された三角フラスコです。

サイズは50ml~5Lまで、他社にはない幅広い製品ラインナップです。


ハリオサイエンスの硬質1級ガラス「H-32」は、
永年にわたる研究を重ねて完成した、低膨張係数の耐熱ガラスです。
JIS R 3503で規定された「 ほうけい酸ガラス -1 」の規格で、
化学的耐久性および耐熱性に優れ、理化学用素材として卓越したガラスです。
「H-32」には、鉛、亜鉛、カドミウムなどの重金属はもちろん、
一般に泡切り剤として使われている亜ヒ酸やアンチモンなどは
使用しておりません。
安心して化学分析にお使いいただけます。

【特徴】
○低膨張係数の耐熱ガラス(ほうけい酸ガラス -1)
○化学的耐久性・耐熱性に優れている
○理化学用素材として卓越したガラス
○重金属、亜ヒ酸、アンチモン不使用

関連情報

バッフル付三角フラスコ 耐熱ガラス製
バッフル付三角フラスコ 耐熱ガラス製 製品画像

ハリオサイエンスの硬質1級ガラス「H-32」は、
永年にわたる研究を重ねて完成した、低膨張係数の耐熱ガラス( ほうけい酸ガラス-1 )です。
JIS R 3503で規定された「 ほうけい酸ガラス -1 」の規格で、
化学的耐久性および耐熱性に優れ、理化学用素材として卓越したガラスです。
「H-32」には、鉛、亜鉛、カドミウムなどの重金属はもちろん、
一般に泡切り剤として使われている亜ヒ酸やアンチモンなどは
使用しておりません。
安心して化学分析にお使いいただけます。

【特徴】
○低膨張係数の耐熱ガラス(ほうけい酸ガラス -1)
○化学的耐久性・耐熱性に優れている
○理化学用素材として卓越したガラス
○重金属、亜ヒ酸、アンチモン不使用

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

平底フラスコ 耐熱ガラス製
平底フラスコ 耐熱ガラス製 製品画像

HARIO の耐熱ガラスは、1972 年以来「煙突のない工場」で生産を行っております。
日本で最初の直接通電式ガラス溶融炉(ガラス原料を重油ではなく電気によって溶かす独自技術)の開発成功によるものでした。
当時のガラス工場といえば煙と粉塵の害が酷いといった常識を変え、
周辺環境を乱す事無く、工場内で働く社員に対しても配慮した職場環境を生み出しました。

なすフラスコ 耐熱ガラス製
なすフラスコ 耐熱ガラス製 製品画像

HARIO の耐熱ガラスは、1972 年以来「煙突のない工場」で生産を行っております。
日本で最初の直接通電式ガラス溶融炉(ガラス原料を重油ではなく電気によって溶かす独自技術)の開発成功によるものでした。
当時のガラス工場といえば煙と粉塵の害が酷いといった常識を変え、
周辺環境を乱す事無く、工場内で働く社員に対しても配慮した職場環境を生み出しました。

ビーカー 耐熱ガラス製
ビーカー 耐熱ガラス製 製品画像

HARIO の耐熱ガラスは、1972 年以来「煙突のない工場」で生産を行っております。
日本で最初の直接通電式ガラス溶融炉(ガラス原料を重油ではなく電気によって溶かす独自技術)の開発成功によるものでした。
当時のガラス工場といえば煙と粉塵の害が酷いといった常識を変え、
周辺環境を乱す事無く、工場内で働く社員に対しても配慮した職場環境を生み出しました。

三角フラスコ 耐熱ガラス製
三角フラスコ 耐熱ガラス製 製品画像

HARIO の耐熱ガラスは、1972 年以来「煙突のない工場」で生産を行っております。
日本で最初の直接通電式ガラス溶融炉(ガラス原料を重油ではなく電気によって溶かす独自技術)の開発成功によるものでした。
当時のガラス工場といえば煙と粉塵の害が酷いといった常識を変え、
周辺環境を乱す事無く、工場内で働く社員に対しても配慮した職場環境を生み出しました。

コニカルビーカー 耐熱ガラス製
コニカルビーカー 耐熱ガラス製 製品画像

HARIO の耐熱ガラスは、1972 年以来「煙突のない工場」で生産を行っております。
日本で最初の直接通電式ガラス溶融炉(ガラス原料を重油ではなく電気によって溶かす独自技術)の開発成功によるものでした。
当時のガラス工場といえば煙と粉塵の害が酷いといった常識を変え、
周辺環境を乱す事無く、工場内で働く社員に対しても配慮した職場環境を生み出しました。

ケルダールフラスコ 耐熱ガラス製
ケルダールフラスコ 耐熱ガラス製 製品画像

HARIO の耐熱ガラスは、1972 年以来「煙突のない工場」で生産を行っております。
日本で最初の直接通電式ガラス溶融炉(ガラス原料を重油ではなく電気によって溶かす独自技術)の開発成功によるものでした。
当時のガラス工場といえば煙と粉塵の害が酷いといった常識を変え、
周辺環境を乱す事無く、工場内で働く社員に対しても配慮した職場環境を生み出しました。

分液ロート(N型) 耐熱ガラス製
分液ロート(N型) 耐熱ガラス製 製品画像

【ラインナップ】
○BRM-100:100ml
→首径 28 最大径 66  有効高さ 82  入数 84個
○BRM-200:200ml
→首径 33 最大径 81  有効高さ 103 入数 48個
○BRM-300:300ml
→首径 37 最大径 90  有効高さ 116 入数 48個
○BRM-500:500ml
→首径 42 最大径 106  有効高さ 135 入数 48個
○BRM-1L:1000ml
→首径 52 最大径 132  有効高さ 170 入数 18個

【日本化学会 第98春季年会2018】ハリオサイエンス 出展決定
【日本化学会 第98春季年会2018】ハリオサイエンス 出展決定 製品画像

名称:日本化学会 第98春季年会 (2018)
主催:公益社団法人 日本化学会
共催:日本大学理工学部 実行委員長
   高田 十志和(東京工業大学 物質理工学院・教授)
会期:2018年3月20日(火)~23日(金)
会場:日本大学理工学部 船橋キャンパス
   千葉県船橋市習志野台7-24-1

http://www.csj.jp/nenkai/98haru/index.html

【日本薬学会 第138年会(金沢)】ハリオサイエンス 出展決定
【日本薬学会 第138年会(金沢)】ハリオサイエンス 出展決定 製品画像

名称:日本薬学会 第138年会(金沢)
会期:2018年3月26日(月)~28日(水)
会場:石川県立音楽堂 ブース No.47

http://nenkai.pharm.or.jp/138/web/

HARIO 理化学用ガラス製品(生地)総合カタログ【無料進呈中】
HARIO 理化学用ガラス製品(生地)総合カタログ【無料進呈中】 製品画像

【ラインナップ】
○三角フラスコ
〇分液ロート
〇スキーブ分液ロート
〇なすフラスコ
〇丸底フラスコ(細首/太首/三頭フラスコ)
〇ソックスレフラスコ
〇ムク栓生地
〇ガラス管
〇吸引瓶
〇試薬瓶(細口白)
〇瓶型
〇セパラブル用カバー
〇カルシューム円筒
〇丸底セパフラスコ(φ75~)
〇円筒セパフラスコ
〇洗浄瓶(台付・口焼品)
〇フランジ
〇吹き型ロート
〇円筒生地

●詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

【先着10名様サンプル無料進呈】耐熱ねじ口瓶(メジューム瓶)
【先着10名様サンプル無料進呈】耐熱ねじ口瓶(メジューム瓶) 製品画像

※詳しくはPDFダウンロード、またはお問い合わせください。

【先着10名様サンプル無料進呈】耐熱ねじ口瓶(メジューム瓶)
【先着10名様サンプル無料進呈】耐熱ねじ口瓶(メジューム瓶) 製品画像

※詳しくはPDFダウンロード、またはお問い合わせください。

【新製品】耐熱ねじ口瓶(メジューム瓶) 耐熱ガラス製
【新製品】耐熱ねじ口瓶(メジューム瓶) 耐熱ガラス製 製品画像

■HARIO 耐熱ねじ口瓶 スペック
※詳しくはカタログをご覧ください。

〇材質
 ガラスボトル:耐熱ガラス(JR-1)
 フタ・リング:ポリプロピレン

〇付属品
 フタ・液切リング:青(ねじ規格「GL-32」「GL-45」)

お問い合わせ

ハリオサイエンス株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ