ハリオサイエンス株式会社

丸底フラスコ 耐熱ガラス製

最終更新日: 2018/02/16

  • カタログ

丸底形状は、加熱時、熱の伝わりが均一で、かつ圧力の変化に強い形状です。薬品の反応、攪拌、加熱、冷却など幅広くお使い頂けます。

丸底フラスコは、50mlから2Lまでの製品があります。

H-32:HARIO-32 長年にわたる研究を重ねて完成した、低膨張係数の硼珪酸ガラスです。

JISで規定された「硼珪酸ガラスー1」規格で、化学的耐久性および耐熱性に優れたガラスです。
鉛・亜鉛・カドミウム等の重金属や通常 ガラスの泡切剤に使用されている亜硫酸やアンチモンなどは一切使用していません。
膨張係数が小さいため、加熱や急冷による伸び縮みが少ないため、250度の温度差ショックに耐えられる高い耐熱性をもったガラス素材です。

関連動画

HARIO の耐熱ガラスは、1972 年以来「煙突のない工場」で生産を行っております。
日本で最初の直接通電式ガラス溶融炉(ガラス原料を重油ではなく電気によって溶かす独自技術)の開発成功によるものでした。
当時のガラス工場といえば煙と粉塵の害が酷いといった常識を変え、
周辺環境を乱す事無く、工場内で働く社員に対しても配慮した職場環境を生み出しました。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
※ お問い合わせください。
型番・ブランド名
用途/実績例 全国 公官庁、研究所、学校、製造会社にて永年の使用実績があります。

加熱する場合は、局部過熱を避けてください。
沸点の低い物質や引火性物質を加熱する場合は、湯煎器をご使用ください。
加熱したガラスをつかむ場合は、火傷防止のため必ず耐熱手袋や専用はさみなどの器具を使用してください。

減圧で使用される場合、化学反応試験や減圧蒸留試験には、
丸底フラスコ、なす形フラスコ、梨形フラスコ、ケルダールフラスコ等が用いられますが、
使用する前には「傷」「歪」「偏肉」などが無い事を確認してからお使いください。
平底フラスコや三角フラスコなど底が平らな物は、構造上の強度が弱いので使用を避けてください。
ラインアップ
型番 概要
MF-50 SCI 丸底フラスコ 50ml 耐熱ガラス製
MF-100 SCI 丸底フラスコ 100ml 耐熱ガラス製
MF-200 SCI 丸底フラスコ 200ml 耐熱ガラス製
MF-500 SCI 丸底フラスコ 500ml 耐熱ガラス製
MF-1L SCI 丸底フラスコ 1,000ml 耐熱ガラス製
MF-2L SCI 丸底フラスコ 2,000ml 耐熱ガラス製
MF-3L SCI 丸底フラスコ 3,000ml 耐熱ガラス製

関連ダウンロード

お問い合わせ

ハリオサイエンス株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ