ハヤミ工産株式会社

【スーパーコード】「ケブラー」を使用した繊維ワイヤー

最終更新日: 2019/03/15

  • カタログ

軽量で高強度、高モジュラス、 低伸度、耐熱性、耐薬品性、良好な電気特性など従来の天然繊維や合成繊維にないスーパー繊維です。

ハヤミ工産(株)ハミロン事業部では、ハイテク繊維を使用した繊維ワイヤー、コード、組紐、ロープの製造を行っております。
お客様の用途、使用環境に合わせたワイヤーの生産が可能です。
お気軽にお問い合わせください。
サンプルのご依頼も承っております。

ケブラーは1972年に米国のデュポン社で発明された芳香族ポリアミド繊維につけられた登録商標です。

【特長】
・軽量     ・高強度
・高モジュラス ・ 低伸度
・耐熱性    ・耐薬品性

良好な電気特性など従来の天然繊維や合成繊維にない数々のすぐれた特性を有したスーパー繊維です。

●お気軽にお問い合わせください。

KEVLAR、ケブラーは、テュボン社の登録商標です

【物性比較】
ケブラーの破断時伸度はナイロンやポリエステルなどの有機繊維に比べて非常に小さく、特に「ケブラー49」は2.4%、
密度は「ケブラー29」「ケブラー 49」とも、Eガラスの約3/5、スチールワイヤーの約1/5です。

【高強度】
原糸と樹脂含浸、それぞれの状態で「ケブラー」と他素材の引っ張り強度を比較しました。
原糸においては300kg/mm²と高いレベルの数値です。この値は、スチールワイヤーの約1.4倍、
ナイロンの約3倍、ポリエステルの約2.5倍。
また、樹脂含浸においても「ケブラー49」は、Eガラス、炭素繊維に比べて高い数値を示します。

【高弾性率】
1mm²あたりの引っ張り弾性率を比較しても、「ケブラー」の物性値はたいへん優れています。
値が大きいほど、引っ張り方向への変形が少なくなります。

【熱安定性】
「ケブラー」は温度変化に対してたいへん安定しており、160℃までなら室温時の特性をかなりのレベルで維持できます。
さらに、高温でも繊維の収縮は殆どありません。
また「ケブラー」は融解せず、自己消化性を持ち、約500℃で炭化します。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 詳しくはお問い合わせください。

関連ダウンロード

【スーパーコード】「ケブラー」を使用した繊維ワイヤー

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

お問い合わせ

ハヤミ工産株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容  [必須]
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ