光工業株式会社

ブレージング用ロウ材(銅)のプレス工程内自動埋め込み技術

最終更新日: 2020/08/21

プレス工程内でロウ材を埋め込むから、ロウ付け用のペースト塗布作業が不要!銅ロウ量も品質も安定、炉内姿勢も自由自在で効率UP。

■従来は、ロウ付け用の銅ペーストを一つ一つ手付していた
お客様からのご相談に基づき、開発した技術です。この
技術を適用することで、以下のようなメリットがあります。

1)ブレージング炉に入れる前処理作業としてのペースト塗布
作業が不要になります。(工賃削減)
2)自動的に定量の銅を埋め込むので、高価な銅の製品間・
ロット間における使用量のバラつきがなくなります。
(ムラ・ムダの撲滅による材料費削減)   
3)ロウ材の過不足によるブレージング不良がなくなります。
実際、当技術適用前には30%近くあったこの原因による
お客様のロウ付け不良が、この技術の適用によりほぼ根絶
されました。(品質の安定・歩留まり向上)
4)ペーストと違い、溶落する心配がないので、炉内姿勢の
  自由度が格段に上がり、ブレージング効率が上がります。
  
※詳細は、お気軽にお問い合わせください。

■当技術は、プレス工程内で線材のロウ材を加締めて埋め込む技術です。
■1部品あたりのロウ材埋め込み数は最大4か所まで対応が可能です。
■当社で実績のある線径はΦ2.5~Φ5ですが、それ以外の線径でも、対応は可能です。
■当社で実績があるのは銅ロウだけですが、他の材質でも線材があれば対応は可能です。
■本体側の材質は、鉄、ステンレスに対応しています。
■ロウ材の大きさや形、埋め込み箇所、ロウ量などについて当社からのご提案はしておりません。
お客様からのご指定に基づいての加工のみとなりますので、予めご承知おきください。

※詳細は、お気軽にお問い合わせください。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 当技術を用いた製品は、当社直接のお取引先であるTier1ユーザー様を通して、各自動車大手メーカー様に数多く納品しております。非常に多岐に渡る部品に適用しておりますので、数量面の把握はできておりませんが、数十年に渡り十二分の実績があります。

詳細情報

製品例
こういった曲げ部分にも面一で埋め込んでいます。

20190201_153230.jpg

裏側
裏側から見たところです。

20190201_153257.jpg

お問い合わせ

光工業株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ