日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社 (公式サイト)

ご連絡はこちら

IDT社のロゴです。

2016/01/26のニュース

掲載開始日:2016/01/26

製品ニュース

IDT、環境・健康リスクをモニタリングできる高感度の2チャネルUVA/UVB光センサーを発表

IDTは、UVAおよびUVBの光スペクトルレベルを正確に検出できる光センサーを発表、ウェアラブルデバイスや各種モバイルテクノロジー製品向けに、新しい健康/ウェルネス機能を提供します。この2チャネルセンサー「ZOPT2202」は、最近IDTが買収したZMDI(R)において開発されたもので、超高感度のフォトダイオードを備えており、さらに、特許取得の赤外線抑制機能と組み合わせることで、高性能なUVソリューションを実現します。
また、このセンサーは、健康/ウェルネス用途に加えて、各種アプリケーションにおける“状況認識”も可能にします。
紫外線は浴びる量が多すぎても少なすぎても、健康を脅かす可能性のあることが実証されています。紫外線の過剰曝露は皮膚がんにつながるおそれがあり、曝露不足は季節性情動障害(SAD)やビタミンD不足を招くことがあります。ZOPT2202センサーは、UVAおよびUVBの光スペクトルを正確に検出します。これにより、ユーザーは周辺環境について正しく理解できるようになり、紫外線の量をモニタリングすることで、紫外線を過度に浴びてしまう危険な状態を回避することができます。

UVA/UVBセンサー ZOPT2202

UVA/UVBセンサー ZOPT2202

お問い合わせ

日本アイ・ディー・ティー(IDT)合同会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

  • 至急度 
  • [必須]
  •   
  •   
添付資料
  • お問い合わせ内容
  • [必須]

ページの先頭へ