株式会社日本ランテック

ハニカム型法枠『テラセル』

最終更新日: 2023/03/30

  • カタログ

高密度ポリエチレンをハニカム状にした土壌安定枠です。本体を広げて土や砕石を充填し、法面、路盤、擁壁として活用できます。

『テラセル』は、高密度ポリエチレン樹脂製(HDPE)のハニカム状土壌
安定枠です。本体を広げて枠(セル)の中に土や砕石を充填するだけで、
法面保護、路盤安定、重力式擁壁として活用できる、経済性の優れた
多機能・高性能土木資材です。

河川・湖沼にも使用でき、石材やコンクリートと組み合わせて護岸構造物
として、また覆土(植生土)の浸食防止効果により緑化基盤を安定させ、
植生護岸を作ります。

のり面にテラセルを固定し、ハニカム状のセル内に充填材を入れて安定させる
ことで、のり面の浸食を防止し、のり面の保護や早期緑化を可能とします。

【特長】
■優れた拘束力
■軽量・コンパクト
■施工箇所の設計要求に応えるワイドバリエーション
■多種多様な充填材料に対応
■耐候性、耐薬品性
■優れた経済性(簡単施工、簡単加工)

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連動画

【特長詳細】
■軽量・コンパクト・高強度
 ・運搬が楽で施工性を損ないません。
■路盤使用では集中荷重を分散
 ・ハニカム構造は路盤の集中荷重を効率よく分散するため、
  路盤・法面などにおける地盤補強に適しています
■法面の浸食防止・緑化基盤層の安定化
 ・小さなハニカム状のセルは充填材を安定させるため、法面の浸食を
  防止し、また河川では流水による土砂の流失を防ぎます

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 お問い合わせください
納期 ~ 1週間
※ モデルにより納期が変動しますので、お問い合わせください。
型番・ブランド名 テラセル
用途/実績例 【用途】
■法面保護(浸食防止)、路盤安定、重力式擁壁

【施工例】
■徳島県脇町土木道路法面緑化工事
■岩手県土木早池峰ダム環境保全工事
■日の出町広域処分場法面緑化工事
■徳島川島土木河川特殊改良工事
■沖縄西岡公園整備工事

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社日本ランテック

ページの先頭へ