KGK 共同技研化学株式会社 埼玉県所沢本社・工場、群馬県富岡工場、埼玉県志木事業所

製品・サービス

製品・サービス一覧

家電・電子機器 (20)

強粘着、耐熱性、防水、ケミカルレジスタンス(耐薬品性)分子勾配膜両面テープをはじめ、光学部材粘着用高透明テープ「メークリンゲル」や熱対策・放熱部材などを取り扱っております。

詳しく見る
光学用製品 (10)

光学部材貼り合せ用の「メークリンゲル」やガラスとガラスなどの剛性板同士を貼り合わせる技術「大気助剤貼合法」などを行っております。

詳しく見る
住宅・住宅設備 (15)

空調、断熱・防食・防水などいろんな用途に使われる「アルミ基材テープ」をはじめ、気密性の高いテープや、ミラー等の各種固定用に最適な「発泡基材両面テープ」などを取扱っております。

詳しく見る
自動車・輸送機器 (25)

幅広い用途に使われる「不織布基材両面テープ」をはじめ、「発泡体基材両面テープ」や「分子勾配膜両面テープ」など、車載向けの製品を取り扱っています。

詳しく見る
半導体 (3)

UV硬化型ダイシングテープから高性能なウェハ表面保護テープ、あるいは半導体パッケージに欠かせないダイシングテープ、ダイボンディングテープやバックグラインドテープと電気・電子材料の分野で長年培ってきた豊富な経験と知識をもとに、半導体製品を製造する多くの工程で高度なニーズ に応える製品をご提案しております。

詳しく見る
医療 (1)

仕事やスポーツのサポートテープとして、手足周辺や患部の固定などに使用できるボディケアの専用テープ「医療用ボディバランスケアテープ」を取り扱っています。

詳しく見る
生活関連・消費財 (5)

培ってきた技術を消費財・生活雑貨に応用し、多くの人々の生活に身近で手頃な商品を提供したい。KGK独自のテクノロジーとアイディアをかけあわせて、良質な製品を提供いたします。

詳しく見る
新製品 (10)

KGK 共同技研化学株式会社の新製品リリース情報をご紹介いたします。

詳しく見る
KGK 総合カタログ一覧 (6)

KGK 共同技研化学株式会社総合カタログ一覧です。ご興味のあるPDF資料をダウンロードしてください。

詳しく見る
2018年展示会出展製品 (1)

2018年 KGK 共同技研化学株式会社が展示会に出展した代表的な製品になります。
出展:
接着・接合EXPO
URL:www.joining-expo.jp

詳しく見る

注目製品情報

  • FPC、FCCL用液晶ポリマーフィルム(LCP)「SARAS」 製品画像
    FPC、FCCL用液晶ポリマーフィルム(LCP)「SARAS」
    『LCP』は、溶融液晶性全芳香族ポリエステルで、溶融状態で分子の直鎖が 規則正しく並んだ液晶性質を示す液晶ポリマーをフィルム化した製品です。 280℃の融点を有し、低吸収性、高ガスバリヤ性、高絶縁性、寸法安定性、 立体安定性、折り曲げ可能な高エンプラフィルムです。 【特徴】 ■高周波での優れた電気特性 ■優れた耐熱性 ■熱伝導性を有した絶縁基材 ■低吸湿性(低誘電) ■250℃での熱成形性 ■ガスバリアー性 ■無方向性 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 車載向け樹脂板貼合用高透明両面テープ「MGSR」シリーズ 製品画像
    車載向け樹脂板貼合用高透明両面テープ「MGSR」シリーズ
    『耐ブリスターメークリンゲル』は、当社独自の技術で開発した 透明性が高く、凝集力が高いアクリルゲルの光学用接合テープです。 透明粘着シートを用いて、樹脂シートとディスプレイを貼合すると、 樹脂の反りやアウトガスによって発生するブリスター(気泡)を抑制します。 【特長】 ■透明性が高い ■凝集力が高い ■密着性が高い ■樹脂の反りや発揮成分を抑制 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 防水・強力接着 分子勾配膜両面テープ 「300Z」 製品画像
    防水・強力接着 分子勾配膜両面テープ 「300Z」
    共同技研化学株式会社は、独自開発の「分子勾配膜」技術を用いて、 従来の両面テープでは実現できなかった、防水・細幅強接着テープ 『分子勾配膜防水テープ(300Zシリーズ)』を開発しました。 発泡体基材を使用していないために、気泡による浸水の懸念もなく止水性に 優れます。また、金属に限らず、各樹脂へも良好な性能を発揮します。 総厚み0.15~0.3mmの多彩な厚み構成で、薄型設計も可能です。 【特長】 ■発泡体基材を使用していない ■気泡による浸水の懸念もなく止水性に優れる ■金属に限らず、各樹脂へも良好な性能を発揮 ■優れたダイカット性 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ