株式会社エイシン

NEW
おすすめ情報
磁力選別機『移動型マグ・フィルター』 製品画像
磁力選別機『移動型マグ・フィルター』
分解洗浄が可能!使いたい場所に、自由に動かせる移動型磁力選別機
最終更新日:2020/05/25

最新ニュース

注目製品情報

  • 液体/粉体用磁力選別機 高磁力マグ・フィルター(1.7T) 製品画像
    液体/粉体用磁力選別機 高磁力マグ・フィルター(1.7T)
    「高磁力マグ・フィルター(1.7T)」は、表面磁束密度1.7Tを発揮する永久磁石を使用した液体/粉体用磁力選別機です。微細な金属粉の除去をご希望されるお客様に、多数の実績があります。液体、粉体それぞれに、ラインにあわせた設計、製作が可能です。容器内で連続的に流動させ、効率的に金属粉を除去するタンブラー型は、バッチ処理、品質管理、研究用途に最適です。従来の磁力選別機で微細な金属異物除去にご不満のある場合はぜひご相談ください。 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。
  • 液体用磁力選別機 マグ・フィルターP(1.0T) 製品画像
    液体用磁力選別機 マグ・フィルターP(1.0T)
    「マグ・フィルターP(1.0T)」は、従来のマグ・フィルターPより、2倍の表面磁束密度1.0Tを実現した液体用磁力選別機です。固形物を含んだ液送配管中スラリーからの異物除去に最適です。また、具材・固形物を壊さず、乳製品等の分散も抑制できます。保護カバーの取り外しが簡単なので金属粉の清掃が容易にできます。ラインにあわせた設計・制作が可能です。テスト機を用意しておりますので、お気軽にご連絡ください。 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。
  • 粉体用磁力選別機 自動清掃型格子マグ・フィルター 製品画像
    粉体用磁力選別機 自動清掃型格子マグ・フィルター
    「自動清掃型格子マグ・フィルター」は、マグネットをご使用して頂く上で最も大変な、金属粉の”清掃”作業を解消した粉体用磁力選別機です。作業される方の安全性も確保されます。仕様・設置スペースにあわせて、オーダーメイドが可能ですので、設置スペースでお悩みの場合も、ご相談ください。ご予算にあわせて、全自動タイプ、半自動タイプ等、様々なご要望に対応することも可能です。デモ機をご覧いただくことも可能ですので、お気軽にご連絡ください。 詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。

企業ブログ企業ブログ

  • 2020/06/01
    【製品紹介】自動清掃マグフィルター ~スクレーパー式~
    ブログ担当の石本です。 今回はマグネットを使用される中で最も大変な作業である『清掃』を自動化した【自動清掃マグフィルター】を紹介します。弊社ではアウターパイプ式とスクレーパー式の2種類を製作しておりま…
  • 2020/05/19
    エアブロー用、簡易集塵ブースの納入事例
    作業で粉まみれになったときに エアブローで工場内を汚したくない、そんな経験はありませんか? そんなお客様のご要望から 人が入ってエアブローをするための簡易ブースを製作しました。 人が入ってカーテンを閉…
  • 2020/05/18
    【製品紹介】ドラムミキサー
    ブログ担当の石本です。 今回はドラム缶をそのまま使える混合機【ドラムミキサー】を紹介します。 200Lのドラム缶をそのまま回転させて、混合する機械です。 導入メリットとしては、 ①容器の脱着が簡単なの…
  • 2020/05/18
    【マグネットコラム④】マグネットをどこにつけるべきか?乾式と湿式はどちらが優位か?
      本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第4回は「マグネットをどこにとりつけるべきか?湿式と乾式はどちらが優位か?」です。…
  • 2020/05/18
    【マグネットコラム③】マグネットを取り付ける目的
    本コラムでは14回にわたって、金属異物除去を目的とした「マグネットフィルター」の情報を発信していきます。第3回は「マグネットを取り付ける目的」です。 金属異物除去目的で設置するマグネットですが、目的を…
株式会社エイシン ロゴ

株式会社エイシンについて

液体・粉体の異物除去装置の設計・製作をはじめ、その他、液体・粉体・環境、メンテ、各種関連機器の取扱いも行っております。
株式会社エイシンは、お客様に対し常に信頼される企業であるかを日々問いながら、創業以来一貫としてお役に立てる人材育成を社是、「育つ、育てる、育む」をモットーに取組み歩んで参りました。21世紀に入り経済の産業構造は、大きく変革を成しております。我々が、存在価値を認めて戴く企業と成るには、お客様の物造りに対し、如何に付加価値追求のある情報をお届けするか、各メーカーが開発されている新しい技術情報を収集し、如何に生きた情報としてご提供できるか、日々企業体質の構築に努めております。私どもが携わっております商品は、「粉体技術に関連する機器」「樹脂技術に関連する機器」「液体物流(システム)の関連機器」「環境問題に関連する機器」の4つの分野を主体とした商品を柱として取組んでおります。

ページの先頭へ