コフロック株式会社

最新ニュース

注目製品情報

  • 超音波流量計 FML-500  製品画像
    超音波流量計 FML-500 
    FML-500は、液体用の直管型超音波流量計です。接液部には耐薬品性に優れたNew PFAを採用し、流路はシンプルなストレート構造で管内に障害物がなくメンテナンスが容易です。表示器一体型なので電源の結線のみで流量計測が可能であり、F.S.5L/minまでの流量を高精度に測定することができます。
  • 液体用フローコントローラ『FCL-200』 製品画像
    液体用フローコントローラ『FCL-200』
    『FCL-200』は、液体流量制御用に開発された接液部オールテフロン製の 液体流量コントローラです。 流量計測には、カルマン渦式流量計を用い、流量コントロールバルブは ノーマリオープン式でパーティクルフリー。水、純水、超純水、その他の 流量制御が可能です。 純水での半導体プロセス流体制御や医薬、食品関係の液体制御に適しています。 【特長】 ■接液部オールテフロン製によりクリーンな流体を一定流量制御可能 ■専用の新型バルブ構造によりパーティクルがほとんど発生しない ■高温タイプは80℃まで制御可能 ■RS232Cでのデジタル制御可能 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
コフロック株式会社 ロゴ

コフロック株式会社について

流体を科学するKOFLOC 〜流量制御・計測のエキスパート〜
コフロックは、1949年に小島製作所として創業以来、約60年間、流体(気体・液体)の微少流量域の計測・ 制御技術を専門的に開発してまいりました。その間、私どもの技術はアナログからデジタルへ、メカニカル からエレクトロニクスへと発展を続けてまいりましたが、その基礎となるアナログの技術を私どもは何より 大切と考えております。例えば、微細なガラス計測管の内面加工に使う金型を、時には手を油まみれにし て数ミクロンの精度で一本一本磨きあげていく。また、お客様のご注文にお応えし、魂をこめて一品一様 の製品を創り上げていく。そうした一人ひとりの努力と経験に支えられたきめ細かな手技が、他社にまね のできない高度な技術力を支え、“微少流量ならコフロック”というお客様の確固たる信頼をいただくに 至っているのではないかと自負いたしております。

今後はさらに、1分間に1ml以下という超微少流量の領域へと挑戦を続け、オンリーワン・ナンバーワンの技術力で「KOFLOC」ブランドをグローバルに広めて、世界の一流企業への仲間入りを目指してまいります。

ページの先頭へ