株式会社古賀機械製作所

プレス順送型内タップユニットSTシリーズ

最終更新日: 2022/02/08

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2019/7/29
プレス成型とタップの同時加工を可能にする順送型内タップユニット
板金プレス成型におけるタップ加工は、従来プレス加工後に専用機または手作業により行われていましたが、プレス金型内にタップユニットを設置することによりプレスとタップの同時加工が可能となり、高速かつ高品質な生産を実現します。

■□■メリット■□■

■プレス成型後のタップ加工が不要
■タップ工程への中間移送や停滞品の管理などを省略
■正確なタップ動作によりタップ不良の発生を低減

■□■特長■□■

■振動を吸収するゆらぎ構造
 下穴の位置ズレや材料の振動を吸収
■専用コンパクトボディ
 スムーズな着脱・メンテナンス時間も大幅に削減する最適設計
■複数ユニットの連結が可能
■フレキシャフト仕様によりあらゆる環境下での利用を可能に
■M1.4~M8まで対応
■サーボ制御によりタップ速度・加工ストロークなど高精度制御
 品種に合わせて任意に加工条件の設定が可能

関連情報

順送型内タップユニット『STシリーズ』
順送型内タップユニット『STシリーズ』 製品画像
【ソリューション】
■課題
 ・生産効率の課題
 ・工程・工数管理に必要な人材不足の課題
 ・タップ不良や未加工品などの品質保全の課題
 ・タップ加工にかかる変動費の削減課題
■効果
 ・プレス成型後のタップ加工が不要
 ・工程・工数の大幅削減
 ・安定安全な運用を可能に
 ・人件費・製造コストの低減

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社古賀機械製作所