ケーティーアールジャパン株式会社

2019/07/12
ジョータイプ選定時に考慮すべきサービスファクター3選!

カタログより抜粋

カタログより抜粋

製品ニュース   掲載開始日: 2019/07/12

KTRの代表的なラインナップといえば、フレキシブルジョータイプカップリングROTEX。
選定作業はそれほど困難なものではありませんが、考慮して頂く安全率がございます。
モーター定格トルク*安全率≦カップリングの許容トルクを満たす選定が必要です。

今回は3つ!ご紹介いたします。
1.周囲温度
⇒ギヤカップリングや板バネカップリングなど金属で構成されているカップリングに比べると耐熱性は低いのが事実です(~120℃)。
動力伝達を担うポリウレタン製スパイダーは高温になるにつれて伝達能力が落ちるため、安全率を大きめに取ることが求められます。

2.起動・停止・正逆回転頻度係数
⇒起動、停止、正逆回転時にはスパイダーに大きなトルクがかかり内部的にはかなり樹脂がつぶれた状態になっています。
これを考慮せず許容値を超える過負荷がかかった場合、スパイダーの変形つまりカップリングの破損につながる可能性があります。

3.負荷係数・アプリケーションファクター
⇒KTR製品は様々な業界で使用されており、その経験から各アプリケーションによって安全率を定めております。

詳細はカタログをご覧ください。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

ケーティーアールジャパン株式会社