株式会社キョーワハーツ

2020/08/28
紹介資料【一撃で金属加工のお悩みを解決!】 お申し込みから金型製作・量産までのフローのお知らせ

カタログニュース   掲載開始日: 2020/08/28

「お客様の必要とされる部品の機能は何なのか?」
「本当に精度が必要な個所はどこなのか?」などをお客様の設計担当者にお尋ねし、また被加工材の加工特性や加工限界などを当社営業担当者が提案-ご相談します。本当に必要な機能・精度を満たした部品を、リーズナブルな金型価格、製品価格で安定供給できるよう、製作サイドとしてできる限りの問題点予測に基づくご提案をします。 その他、総生産見込み数(金型の保証ショット)など、見積りに必要な情報をお聞きした上で、見積もりを提出します。

関連製品情報

【一撃で金属加工のお悩みを解決!】
【一撃で金属加工のお悩みを解決!】 製品画像
このカタログは金属加工品に関わる方は必見です! 基礎的なことですが大事なことが書かれています!

『お客様の必要とされる部品の機能は何なのか?』 「本当に精度が必要な個所はどこなのか?」 などをお客様の設計担当者にお尋ねし、 また被加工材の加工特性や加工限界などを当社営業担当者が提案-ご相談します。 ※詳しくはPDFをダウンロード、もしくはお問合せください。
【無料進呈中!】小物板金パーツのソリューション事例集
【無料進呈中!】小物板金パーツのソリューション事例集 製品画像
精密小物板金パーツのお悩みは我々のプレス技術で解決!金型製作のポイントなども掲載した資料を進呈中!

微細・精密プレス、板バネ加工、試作から量産までを手掛ける 株式会社キョーワハーツの精密金型製作、精密プレス加工などの ソリューション事例集です。 各種接続端子や小径絞りの事例、金型製作ポイントなどの情報を掲載。 また、Q&Aでは「良い業者について」や「加工できる素材」などの よくある質問にお答えしています。 【掲載項目】 ■製品の安定した品質の証 ■小径絞り加工例 ■微細曲げ・抜き加工品 ■Q&A よくある質問 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
紹介資料『今さら聞けないバネ設計と材料選定』
紹介資料『今さら聞けないバネ設計と材料選定』 製品画像
バネの材料選定におけるポイントを解説。設計のお悩みや試作もご相談ください!

『今さら聞けないバネ設計と材料選定』は、板バネ加工を手掛ける当社が、 素材の性質に対するノウハウをもとに作成した材料選定のポイント紹介資料です。 材料選定に必要な要素のほか、機械的性質による選定プロセスを紹介。 「過去の図面を引き継いだものの、必要なバネの作り方がわからない」 「どんな基準で材料を選べばいいのかわからない」といった状況で、 キーポイントの確認に役立つ資料です。 【掲載内容】 ■材料選定に必要な要素 ■機械的性質のデータをもとにした選定プロセス ■代表的な材料の特性値 ※PDFダウンロードより、スグにご覧いただけます。  図面や一部の部品をベースにした試作や材料選定のご相談もお気軽にどうぞ。
<金属部品の超軽量高剛性>
<金属部品の超軽量高剛性> 製品画像
加工デザインを提案してください。当社で金型設計製作・プレス加工製品作りを致します。

キョーワハーツではマグネシウム合金板からプレス加工によって製品作りをしています。 ダイキャスト金型や鋳造設備は必要ありません。 通常のプレス金型・プレス機でマグネシウム合金製品を作ることができます。 優れたマグネシウム合金の特性を活かした製品作りを提供致します。
ステンレス鋼を板バネとして利用する場合の製品作りのノウハウ
ステンレス鋼を板バネとして利用する場合の製品作りのノウハウ 製品画像
『バネ用材料としてのステンレス鋼の利用に関してのポイント』や『接合技術』などを徹底解説いたします!※資料を無料進呈中

当資料は、ステンレス鋼を板バネとして利用する場合の製品作りの ノウハウを掲載しております。 「材料の選定は強度レベルで行う」や、「仕上げレベルの材質の曲げ特性を 確認することで加工の可否を判断する」など、バネ用材料としての ステンレス鋼の利用に関してのポイントを詳しく解説。 この他に、「物理的接合」や「溶接」などの接合技術についても ご紹介しております。ぜひ、ご一読ください。 【掲載内容】 ■ステンレス鋼の基本は、クロムを添加することによって耐食性を備えるということ ■材料の選定は強度レベルで行う ■仕上げレベルの材質の曲げ特性を確認することで加工の可否を判断する ■その他の周辺技術 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。
精密プレス加工 『失敗しない製品開発の外注業者選び!
精密プレス加工 『失敗しない製品開発の外注業者選び! 製品画像
そもそも、金型はお客様がつくりたい商品の手段にすぎません。事実ベースで金型のメリット、デメリットについて書かれています!

製品開発において、できる限り失敗を避けるためにはどのような対策が必要でしょうか。 まず、製品に必要な金型を考え、なおかつ製品の寸法や形状が顧客満足を得られるものなのかどうかを良く考えます。 次に、金型の加工や製品の組立てに必要な情報を精査し、担当技術者に正確に伝える必要があります。 つまり詳細な仕様書や設計図、金型図面などが必要になります。 そして、金型は試作品製作の経験が豊富であり、多くのノウハウを持った業者に発注することが大切であることは言うまでもありません。 ※詳しくはPDFをダウンロード、もしくはお問合せください。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
添付資料
お問い合わせ内容  必須
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社キョーワハーツ

PR情報エリア