株式会社マコメ研究所 (MACOME)

8bit出力タイプのAGV用番地センサー:マコメ研究所

最終更新日: 2021/01/18
8bit出力、256コードを識別可能!AGV向けの完全非接触タイプ バイナリー出力 アドレスセンサー  

無人搬送車の位置を特定する8bit出力タイプの番地センサー(スポットマークリーダー)です。
任意の情報(0~255)が書き込まれた番地磁石を検出して現在地点の情報から車両制御(分岐、停止、加速、減速など)を行います。

【主な特長】
■番地コードは、8bitバイナリーで256のコードを識別可能
■移動読み取り方式を採用、無人搬送車(AGV)の走行中での読み取りが可能
■N極の『SMR-2352H2-N』、S極の『SMR-2352H2-S』を用意
■読み取りタイミング出力を装備したスポットマークリーダーが、移動・走行中に番地磁石板の真上に位置した時に情報を読み取る
■番地磁石板は、黄色と緑色のラミネートから選択可能

※詳しくはお問い合わせください。

基本情報

※詳しくはお問い合わせください。

価格帯 お問い合わせください
納期 お問い合わせください
用途/実績例 無人搬送車(AGV)用番地センサー

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社マコメ研究所 (MACOME)

製品・サービス一覧(45件)を見る