株式会社村上色彩技術研究所

積分球式分光透過率測定器『DOTシリーズ』

最終更新日: 2019/02/21
10倍感度機構により超低透過率に対応!偏光度測定も可能

『DOTシリーズ』は、透明な試料はもちろんのこと、半透明なフィルムや
シートなど、光を拡散してしまう試料や、眼鏡レンズのように曲率のある
試料でも、安定して透過率を分光計測し、色彩値を出力する測定器です。

近年、眼鏡レンズや液晶表示器用の偏光フィルムの素材開発技術が
急速に向上しており、それらの性能を確認するための精度の高い計測機器が
求められてきました。

当シリーズは、照明に大型の積分球を使い、強く均一な拡散光を試料に
照射する方式を採用。分光器は効率の良い凹面回折格子を採用することで、
透過率の低い試料でも安定した測定を可能にし、偏光フィルムの検査にも
威力を発揮しています。

【ラインアップ】
■DOT-3C
■DOT-41
■DOT-41/uv-vis

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

【共通仕様(一部)】
■測色方式:ダブルビーム方式
■照射及び受光の幾何条件:φ150mm積分球による白色光拡散照明/0°透過受光
             (JISZ8722:2009 5.4.1c)幾何条件g(記号 di:0°)
■照明面積:φ40mm
■測定可能試料厚:最大30mm厚
■有効波長幅:約10nm
■分光素子:凹面回折格子

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格情報 型式、仕様によって価格が変動しますので、お気軽にお問合せください。
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 DOT-3C/DOT-41/DOT-41uv-vis
用途/実績例 【用途】
●レンズ(眼鏡・カメラ等)の透過色測定
●硝子、樹脂等の透明、半透明物体の測色
●自動車レンズの透過色測定
●偏光フィルムの透過率、偏光度測定

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ラインナップ

型番 概要
DOT-3C 一番スタンダードなモデルです。
DOT-41 測定波長域が可視域(380nm~780nm)を網羅し、また測定波長間隔も10、5、1nmから任意で選択可能な上位機種です。
DOT-41uv-vis DOT-41型をさらに改良し、紫外域である280nm~780nmまでの測定を可能にした最上位機種です。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社村上色彩技術研究所

製品・サービス一覧(30件)を見る