株式会社村上色彩技術研究所

変角分光測色システム『GCMSシリーズ』

最終更新日: 2019/02/22
フィルム・金属・紙・繊維等の材料および塗料等の加工表面、BSDF(双方向散乱分布関数)の基本データ測定が可能!

『GCMSシリーズ』は、観測角や光の入射角の違いで変化する色を、反射・透過光の空間分布として測定出来る変角分光測色システムです。

「GCMS-3B」「GCMS-4B」は、⼊射⾓、受光⾓を正確に制御し、各⾓度毎に分光分布の測定を⾏います。

機器の校正後、試料をセットし、⼊射⾓、受光⾓の変⾓範囲、測定ステップ⾓度、表⾊系等、測⾊条件を設定するだけで全⾃動で作動します。

拡散反射領域の場合は、参照白板と常に比較する本格的ダブルビーム方式なので安定した測定値が得られます。更に、反射光の角度特性も補正できるので理解しやすい放射輝度率(ラジアンスファクタ)表示でのデータを得ることも可能です。

このようにして得たデータは、シミュレーションソフトを介しBRDF・BTDF測定も可能であり、自動車用内装材・外装関連、染料・塗料・インキ等の色材関連、化粧品関連等幅広い用途でご使用頂けます。

また、ファンデーションや口紅等パールマイカを含む化粧品の評価を肌で直接測定可能にした「GCMS-9B」もございます。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

基本情報

【特長(GCMS-3B/GCMS-4B)】
●ダブルビーム方式で安定した測定値が得られる
●参照光ライトガイドによる光源変動モニタ方式で測定できる
●高光沢面の正反射領域から暗色の拡散領域まで分光測色が可能
●広いダイナミックレンジの光学的倍率方式を採用
●フォトダイオードアレイ方式で高速測定することが出来る

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格情報 型式、オプション有無によって価格が変動しますので、お気軽にお問合せください。
納期 お問い合わせください
※ 型式、オプション有無によって納期が変動しますので、お気軽にお問合せください。
型番・ブランド名 GCMS(ジーシーエムエス)
用途/実績例 【用途】
●自動車用内装材、外装材関連
●染料、塗料、インキ等の色材関連
●包装材料
●繊維、プラスチック製品関連
●化粧品関連
●液晶等、ディスプレイ関連
●皮革関連
●建築関連

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ラインナップ

型番 概要
GCMS-3B
GCMS-4B
GCMS-9B
GCMS-11

詳細情報

無題.png
GCMS-4B試料室
GCMS-4B型の試料室のイメージです。
無題1.png
GCMS-3B
GCMS-3Bです。GCMS-4Bよりもコンパクトな設計になっています。

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社村上色彩技術研究所