株式会社村上色彩技術研究所

『オンラインヘーズモニターシステムHMS-3』

最終更新日: 2022/02/09
フイルム、アクリル板といった透明物体の透過率・ヘーズ(ヘイズ)値をオンライン上で非接触且つ高精度にモニタリング可能

本装置は、ライン上におけるフィルムシートのヘーズ値を監視するシステムです。受光方式には積分球を使用せずに、0°(平行光線)受光とその近傍の拡散光線を受光し演算する方式を採用する事により安定性の高いモニタリングが可能です。

【非接触によるヘーズ値測定】
本来ヘーズ値は、積分球を使った拡散光線透過率を求める事が必要でした。しかし積分球装置では試料を密着させる必要があり、オンライン連続測定では不可能です。

さらに積分球の測定では0°測定と拡散光の測定に時差が出来てしまい、連続生産される試料では測定位置がずれてしまい正確な値が得られません。また、積分球は高反射率、均一性を保つ事が必要であり、長期安定性・再現性を得るためのメンテナンスに問題がありました。そこで、長年の経験による測定技術とデータの蓄積により独自の測定方法を開発しこれらの問題を一挙に解消しました。

【設置メリット】
プラスチック・光学フィルム・ガラスなどのオンラインヘーズ管理
サンプリング費用の節約
ヘーズ値変動時の迅速フィードバックによる生産性向上

基本情報

本装置は、ライン上におけるフィルムシートのヘーズ値を監視するシステムです。
D65光と標準分光視感効率の組合せの測定波長で、フィルムシート上の最大3点のヘーズ値を連続的に計測監視します。長期安定性が優れたダブルビーム方式の採用により、信頼性の高い監視体制を構築することが出来ます。
受光方式には積分球を使用せず、0°(平行光線)受光とその近傍の拡散光線を受光し演算する方式を採用することにより安定性の高いモニタリングが可能です。
【仕様】
測定点数:フィルム幅方向に1点~最大3点まで
測定波長:D65光と標準分光視感効率の組合せに近似
測定範囲:0~50%(ヘーズ値)
繰り返し再現性:0.1%(ヘーズ標準板H20を30回連続測定した場合の標準偏差)
安定性:±0.15%以内(ヘーズ標準板H20を1時間連続測定での変動幅)
測定時間:1秒

※※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

価格情報 ※詳しくは弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 HMS-3
用途/実績例 プラスチック・光学フィルム・ガラスなどのオンラインヘーズ管理

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社村上色彩技術研究所