名豊電機株式会社

芯線接触検知機能内蔵ロータリーストリッパー Mira 340 Q

最終更新日: 2020/05/13
高性能ロータリーストリッパーMira 340に 芯線接触検知機能ACDがプラスされたMira 340 Qが誕生しました。

ACD=芯線接触検知機能とは

ACD(自動コンダクタ検出器)は、ブレードと導体の間のわずかな接触をも電気的に検出して表示します。この機能はACD機能をONにすることで、切り込みまたは引き抜きを行う際に自動的に動作します。ブレードが芯線に接触したのを検知した場合は、不良ワイヤを切断する必要があるかどうか、グリッパのリリースを行うかを指定します。その際にブレードの切り込み値は、測定された導線の直径に基づいて修正提案の表示が自動的に行われます。

関連動画

基本情報

非常に幅広い加工範囲
加工困難な電線こそ威力を発揮
– ストリップ困難な電線に最適
– 様々な種類、材質の被覆の加工に対応   
– 電線サイズ: 最大16 mm2 (AWG 5)、
 最大ストリップ長さ 72 mmまで加工

優れた加工品質
– 特許取得済みの ACD 機能により、回転しながら
 切り込み時およびストリップの際に加工品質を監視、
 自動調整も行います
– 4枚のロータリー刃で、正確かつ高い剥離力を実現
– 芯線接触を監視する ACD 機能により芯線キズを最小限に抑えます
– 加工ライブラリと選択ミスを防止するバーコードリーダー対応機能を
 搭載し、再現性の高いストリップが可能です

高い生産性
– シーケンス加工:多芯ケーブルや多重被覆ケーブル用に便利、
 さらに時間も短縮します
– 素早く加工データを呼び出すためのバーコードスキャン
– 回転切り込み機能をオフにすることもできます

価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名 komax
用途/実績例 自動車産業向けハーネス
モータースポーツ向けハーネス
航空宇宙向けハーネス
その他芯線への傷等への品質が要求されるハーネス加工の
品質管理に大きなメリットを提供します。

お問い合わせ

名豊電機株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  必須
ご要望  必須
目的  必須
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

製品・サービス一覧(53件)を見る