モレキュラーデバイスジャパン株式会社 東京本社

NEW
おすすめ情報
分光光度計も兼ねる吸光プレートリーダーSpectraMaxABS 製品画像
分光光度計も兼ねる吸光プレートリーダーSpectraMaxABS
96/384ウェルプレート・キュベット対応、分光光度計も兼ねる吸光プレートリーダー『SpectraMaxABS Plus』
最終更新日:2019/04/18

最新ニュース

注目製品情報

  • マイクロプレートリーダー予算申請カタログ進呈中!! 製品画像
    マイクロプレートリーダー予算申請カタログ進呈中!!
    マイクロプレートリーダーのパイオニア、モレキュラーデバイス社のマイクロプレートリーダー予算申請用カタログです。吸光、蛍光、発光、マルチモードプレートリーダー、プレートウォッシャー等の機種と価格をわかりやすくご紹介。測定モードや各アプリケーションの対応、インジェクター等のオプションも一目で分かります。 2019年5月より、よりお求めやすい価格に価格改定を実施しております。 お申し込みは以下URLからお願いします。 https://www.moleculardevices.co.jp/budget_catalog
  • Organ-on-a-Chipを用いたハイコンテントイメージング 製品画像
    Organ-on-a-Chipを用いたハイコンテントイメージング
    化合物が人体に与える影響を、2次元の細胞培養から予測することには限界があります。 より正確なin vitro毒性評価、安全性評価、薬物動態試験などを行うには、人の細胞や組織を共培養し、細胞を相互作用させて、臓器と組織の機能を作り出す3次元細胞培養が必要です。 MIMETAS社が開発したOrgan-on-a-Chip『OrganoPlate』は、血管、腸管、3D 神経、尿細管などの生理環境をプレート上で再現し、ハイコンテントイメージングシステムでの評価を可能とします。 PDFダウンロードから、セミナー動画視聴URLを入手いただけます。 ※ 以下の動画はショートバージョンです。フルバージョンをご覧になりたい方は、PDFダウンロードからご覧いただけます。
  • 自動細胞イメージングシステム『ImageXpress Pico』 製品画像
    自動細胞イメージングシステム『ImageXpress Pico』
    細胞イメージングシステム『ImageXpress Pico』は、画像取得・解析ワークフローの時間短縮と効率化を 実現した自動細胞イメージングシステムです。 解析後の画像から数クリックするだけで、ヒートマップや散布図、棒グラフを 簡単に生成することができます。 対物レンズ、フィルター、試薬インジェクター、環境制御モジュールなどの オプションを搭載し、様々な研究室のニーズに対応します。 【特長】 ■画像取得・解析ワークフローの時間短縮と効率化を実現 ■ヒートマップや散布図、棒グラフを簡単に生成 ■対物レンズ、フィルターなどのオプションを搭載 ■様々な研究室のニーズに対応 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ