株式会社村山電機製作所

製品・サービス

製品・サービス一覧

各種舶用温度計 (9)

温度監視装置「MAC-6000」をはじめ、機関監視用温度モニタ「MPHR-」「魚艙管理用温度計」などの各種船舶用温度計を製造・販売しております。
船種・用途に応じて、ぜひ当社の温度計をご利用ください。

詳しく見る
デジタル水温計 (3)

好漁場発見に威力を発揮する「潮目警報付きデジタル水温計」をはじめ、
「小形漁船用デジタル水温計」や「可搬形 簡易中層水温計」などを取り揃えております。

詳しく見る
アナログメーター (2)

スケール面のカスタマイズが可能な「 フレームタイプメーター:UFB-シリーズ」をはじめ、「パネル用メーター:BM-シリーズ」や、「エッジワイズ計器(ZQ-1・BQ-2)」などを取り揃えております。

詳しく見る
携帯型デジタル温度計 (3)

2点間の温度差の精密測定に最適な「携帯型精密抵抗温度計 DPS-2020」をはじめ、防滴構造の「携帯用デジタル温度計 DPシリーズ」などを取り揃えております。

詳しく見る
記録計 (5)

視認性に優れた大形液晶ディスプレイを搭載した「グラフィックレコーダ(ペーパーレス記録計) MKR-3」をはじめ、船舶内燃機関・冷蔵庫など幅広い用途に最適な「温度記録計 CMK-シリーズ」などを取り揃えております。

詳しく見る
超小型水深水温計 (3)

センサー増設が容易で、小型軽量の「マグロ延縄漁船用 : SBT-500」をはじめ、タッチパネル操作で充電・読出・印刷・データ管理が容易な「マグロ延縄漁船用一体型 : SBT-500R」などを取り揃えております。

詳しく見る
その他

「リモートCTD水温・塩分計測システム」などを取り扱っております。

注目製品情報

  • 水銀温度計の代替はお済みですか?【電子ペーパー式の温度計】 製品画像
    水銀温度計の代替はお済みですか?【電子ペーパー式の温度計】
    水銀代替温度計『YMT-700/YMT-700W』は、2020年12月31日以降の “水銀製品製造禁止”に対応した水銀温度計との代替が可能な、電子ペーパー式の温度計です。 温度は、バーと数字で表示され、直感的な情報把握が可能。 また、特許を取得した300℃耐熱の“断熱分離構造”をネジ部に採用しており、 表示器への熱伝達を低減できます。 「YMT-700」は、既設ウェルに取付型、「YMT-700W」は保護管(ウェル付)型 となっています。 【特長】 ■水銀式温度計相当の小型寸法 ■視認性の良い電子ペーパー表示器 ■直感的な把握に便利なバーグラフ表示 ■読取りやすいデジタル数字表示 ■K型熱電対による正確な測定 ■広い計測温度範囲(-5~725℃) ★JASIS2020に出展いたします★ 日時:2020/11/11(水)~2020/11/13(金) 会場:幕張メッセ国際展示場 ブース番号:6A-701 ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 ※技術資料もダウンロードいただけます。
  • 携帯型精密抵抗温度計「プレシジョン・サーモ DPS‐2020」 製品画像
    携帯型精密抵抗温度計「プレシジョン・サーモ DPS‐2020」
    4導線式白金測温抵抗体採用により±0.1℃以下の許容差を実現した携帯型精密抵抗温度計です。測定範囲は-100.00℃~+199.99℃と広範囲の温度測定が可能。USBケーブル標準装備、PCへの接続が簡単。データ出力はテキストデータで定周期自動出力、付属のEXCEL用マクロを使用する事により、セル上に直接数値データを取り込めます。 【特長】 ■±0.1℃以下の許容差を実現 ■測定範囲は-100.00℃~+199.99℃と広範囲 ■メモリーカードスロット標準装備でデータを記録して持ち運ぶことが可能 ■USBポートから直接EXCEL上に表形式で取り込みも可能 ※詳細は資料請求して頂くかダウンロードからPDFデータをご覧下さい
  • デジタル熱電温度計 サブモニター『SM-14』 製品画像
    デジタル熱電温度計 サブモニター『SM-14』
    『SM-14』は、デジタル熱電温度計のサブモニターです。 2020年末 水銀製品製造禁止対策製品で、船用エンジンの水銀温度計の代替に最適です。 排気温度や過給機温度など、最大14チャンネルの温度を集中管理できます。 また、既設のセンサー(熱電対)の出力と並列接続が可能です。 【特長】 ■デジタル熱温度計 ■最大14チャンネル一括表示でより見やすく ■LED表示による優れた視認性 ■K型熱電対による正確な測定 ■14チャンネル・3桁表示(-99~999℃) ■電源:DC24VまたはAC100~220V ※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ