株式会社ミューテック

ベクトル磁気特性解析ソフトで鉄損評価/μ-E&S【技術資料進呈】

最終更新日: 2021/08/31

  • カタログ

低損失化をめざし、電磁材料の実態を正確に測定し、そのベクトル磁気特性を把握・解析!EV用モータなどの低損失・高効率化をサポート

次世代の鉄損評価方式「E&Sモデル」についてのご紹介です。
ベクトル磁気特性と呼ばれる評価方式を元に、従来法より詳細な鋼材の損失分布が解析結果として得られるようになりました。
他のソフトウエアでは実現しない、高精度な磁界、磁束密度、鉄損分布が計算出来ます。

【特長】
・ベクトル磁気特性を考慮する事により、磁気ベクトルが高精度に計算可能
・回転磁界やヒステリシスが計算可能
・使い易い鉄損評価専用ツールとしての仕上がり
・永久磁石励磁機能、トルク算出機能


※詳細はお問い合わせいただくか、PDFダウンロードしてください。

※詳細はお問い合わせいただくか、PDFダウンロードしてください。
価格帯 100万円 ~ 500万円
納期 お問い合わせください
用途/実績例 モーター・変圧器など鉄損低減対策が必要なメーカー
EV用モーター、発電機等

詳細情報

最大磁束密度
IPMモータの最大磁束密度分布:周方向に変化が見れないのは、従来解法でも同じ結果です

E&S_IPM_B.png

最大磁界強度
IPMモータの最大磁界強度分布:圧延方向はX軸方向で、無方向性電磁鋼板でも異方性が計算され、上下領域に高い領域が現れます。従来法では計算できない結果です

E&S_IPM_H.png

鉄損分布
IPMモータの鉄損分布:計算結果のHとBを使って各要素毎にヒステリシスカーブを描き、その面積合計で鉄損分布を計算します。磁界強度が上下領域で大きかった分、鉄損も上下領域に高い分部が計算されました。従来法では得られない結果です

E&S_IPM_L.png

ヒステリシスカーブ
要素ごとの磁束密度ベクトル、磁界強度ベクトルが計算結果として得られていますので、ヒステリシスカーブはそれを電気角一周期分結ぶだけです。ヒステリシスモデル等のアルゴリズムを使う必要はありません

E&S_IPM_His.png

回転磁束・回転磁界
リサージュ波形:リサージュ波形は磁束密度ベクトルと磁界強度ベクトルの軌跡です。それぞれのベクトルの向きの違い(空間的位相差)も計算結果として得られています

E&S_IPM_Res.png

最大磁束密度
変圧器は方向性電磁鋼板を組合わせています

E&S_Trans_B.png

最大磁界強度
T型結合部では、磁化容易方向が90度ズレるので、磁界強度が高い領域になります

E&S_Trans_H.png

鉄損分布
変圧器窓内側は磁束密度が大きいので鉄損も大きくなりますが、T型結合部で鉄損が大きいのは磁界強度が大きい為です。従来法では得られない結果です

E&S_Trans_L.png

回転磁束・回転磁界
T型接合部では回転磁束が大きく出ています。また変圧器脚部は磁荷容易方向に沿って交番磁束が発生する場所ですが、小さな回転磁界が発生しているのが見られます。従来法では得られない結果です

E&S_Trans_Res.png

お問い合わせ

下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

株式会社ミューテック

ページの先頭へ