中津川包装工業株式会社 (公式サイト)

ご連絡はこちら

危険物梱包、UNカートンの包装設計・UNマーク取得サポート

最終更新日2017-09-08 10:22:26.0

  • カタログ

危険物梱包のコストダウンでお悩みの方必見! 包装設計のスペシャリストがファイバ板製危険物容器の設計やUNマークの取得のサポート。

★ドイツ製、フランス製のファイバーボックスをご利用の方必見★
貴社オリジナルのファイバ板製ボックス(両面段ボール)を作りませんか?
既製品とオーダーメイド品を比較してみました。

◆既製品◆
【メリット】
・コストはかかるが、1枚から購入できる
・一般財団法人 日本舶用品検定協会の検査が不要

【デメリット】
・内容物の重量に対して、既製品なので過剰強度な梱包になりがち
・輸入品なのでコストが高い
・輸入品なので急な数量増減に対応できない
・寸法が決まっているので、輸出コンテナの積載効率が悪い


◆オーダーメイド品◆
【メリット】
・製品に対して適正な梱包ができ、適正な強度設計ができる
・オール国産材料のため、安く、早く、適切な数量で調達できる
・自由に包装設計ができるため、コンテナ積載効率アップができる

【デメリット】
・一般財団法人 日本舶用品検定協会の検査が必要
 ↑↑↑↑↑ここもサポートいたします↑↑↑↑↑

メリット部分のご提案だけでなく、デメリット部分のサポートをすることでトータルでメリットをご提案いたします。

写真はイメージです

写真はイメージです

危険物梱包、UNカートンの包装設計・UNマーク取得サポート 基本情報

中津川包装工業株式会社は重量物梱包や集合包装の輸出梱包/包装設計を得意とする
強化段ボールメーカーです。
重量物包装、輸出梱包設計を通じて「トータル物流コストダウン」をご提案いたします。
創業60年を超え、設計技術の技をさらに磨いています。


【「トータル物流コストダウン」とは?】
■一般的な物流コストの内訳
  輸送費   … 60%
  保管/荷役 … 27%
  包装材   … 5%
  管理費その他… 8%  と言われております。

ただ単純に包装材コストの削減を追求するのではなく、包装材の設計を通して
梱包作業工数の削減、輸送/積載効率の向上、保管の効率化、開梱性、廃棄のしやすさまで
物流トータルでのコストダウンをご提案できるよう努めております。




●中津川包装工業株式会社●
★改善事例
http://www.nb-npi.co.jp/product/
★重量物包装特設ページ
http://www.nb-npi.co.jp/lp/
★会社案内
http://www.nb-npi.co.jp/

価格
※ ロットや寸法、構造などによって価格が変わります。お気軽にお問い合わせください。
価格帯その他
納期 お問い合わせください
※ 仕様決定後、初回納入10-14日、リピートオーダー7-10日程度となります。
発売日 取扱い中
型番・ブランド名
用途/実績例 ■用途
医薬品や医薬原材料、ゴム、樹脂関係、火薬など



公益社団法人 日本包装技術協会主催の「日本パッケージングコンテスト」でも10回以上の受賞があり、
重量物包装を中心に梱包設計実績豊富です。

■日本パッケージングコンテスト受賞歴

2005年 経済産業省製造産業局長賞「表面保護フィルム集合包装」
2007年 部門賞「レントゲン装置」
2008年 経済産業省製造産業局長賞「ヘッドライトの包装」
     ロジスティクス賞「ロール700kg宙吊り包装」
2009年 経済産業大臣賞「輸出用イス40脚集合包装」
    (日本パッケージングコンテスト最高位 受賞)
2010年 ロジスティクス賞「ロール宙吊り2本入」
2011年 日本商工会議所会頭賞「大型複写機のオール段ボール包装」
2013年 ロジスティクス賞「デジタルミキシングコンソールオール段ボール包装」
2014年 適正包装賞「バルク包装」
2015年 ロジスティクス賞「紙製ジョイントロック改善」
2016年 部門賞「サポートロック~航空機シートのオール段ボール包装」

危険物梱包、UNカートンの包装設計・UNマーク取得サポート 詳細情報

大型危険物梱包一例

写真はイメージです。内容物により包装形態や材質などは異なります。

小型危険物容器一例

写真はイメージです。内容物により包装形態や材質などは異なります。

危険物梱包、UNカートンの包装設計・UNマーク取得サポート 関連ダウンロード

アイコン カタログ一覧

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

【カタログ】危険物梱包、UNカートンの包装設計・UNマーク取得サポート

★ドイツ製、フランス製のファイバーボックスをご利用の方必見★
貴社オリジナルのファイバ板製ボックス(両面段ボール)を作りませんか?
既製品とオーダーメイド品を比較してみました。

◆既製品◆
【メリット】
・コストはかかるが、1枚から購入できる
・一般財団法人 日本舶用品検定協会の検査が不要

【デメリット】
・内容物の重量に対して、既製品なので過剰強度な梱包になりがち
・輸入品なのでコストが高い
・輸入品なので急な数量増減に対応できない
・寸法が決まっているので、輸出コンテナの積載効率が悪い


◆オーダーメイド品◆
【メリット】
・製品に対して適正な梱包ができ、適正な強度設計ができる
・オール国産材料のため、安く、早く、適切な数量で調達できる
・自由に包装設計ができるため、コンテナ積載効率アップができる

【デメリット】
・一般財団法人 日本舶用品検定協会の検査が必要
 ↑↑↑↑↑ここもサポートいたします↑↑↑↑↑

メリット部分のご提案だけでなく、デメリット部分のサポートをすることでトータルでメリットをご提案いたします。

【製品カタログ】重量物梱包用 強化ダンボール「ナビエース/ナビエースプラス」

【掲載情報】
■ナビエース/ナビエースプラスの特長・特性
■強化段ボール『ナビエース』の強度/圧縮強度
■包装改善ニーズに応える確かな設計
■強化ダンボール『ナビエース』の品質管理

お問い合わせ

中津川包装工業株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

  • 至急度 
  • [必須]
  •   
  •   
  • ご要望 
  • [必須]
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  • 動機 
  • [必須]
  •   
  •   
  •   
  •   
添付資料
  • お問い合わせ内容
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

中津川包装工業株式会社 取扱製品


ページの先頭へ