ネットロック株式会社

最適場提案エンジン

最終更新日: 2020/09/01

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

カタログ発行日:2020/09/01

商品出荷時の実績(サイズ情報)からコスト低減となる梱包ダンボールをシミュレーションする分析ソフト
大量な出荷に対し、商品のサイズ情報から運賃・資材費を最小限にするダンボール箱のサイズをシミュレーションします。
・事前に用意されているダンボール箱は出荷している商品に合っているのか?
・ダンボール箱の種類が適切なのか?

宅配料金は3辺の合計のサイズ数により宅配料が大きく変わります。3辺の合計を最小限にしたダンボール箱で出荷するだけで、大幅な配送費の低減が可能です。

このシステムは、出荷情報に対し最適なサイズのダンボールを算出するアルゴリズムになります。PCへインストールすることで使用可能です。
OS : Windows10 Office: Microsoft Office 2010 以上、 メモリ : 2G以上
※ 当システムはスタンドアローン環境で動作致します。

出荷した商品の実績データ(サイズ)が必要となる為、梱包箱選択エンジン(BOXエンジン)との連携システムとなります。
※ 梱包箱選択エンジン:https://www.vanning-master.jp/vm_cb01.html

初回のみ無償でのシミュレーションが可能です。

関連情報

最適箱提案エンジン(ダンボールのサイズ適正化による物流費低減)
最適箱提案エンジン(ダンボールのサイズ適正化による物流費低減) 製品画像

このシステムは、出荷情報に対し最適なサイズのダンボールを算出するアルゴリズムになります。PCへインストールすることで使用可能です。
OS : Windows10 Office: Microsoft Office 2010 以上、 メモリ : 2G以上
※ 当システムはスタンドアローン環境で動作致します。

出荷した商品の実績データ(サイズ)が必要となる為、梱包箱選択エンジン(BOXエンジン)との連携システムとなります。
※ 梱包箱選択エンジン:https://www.vanning-master.jp/vm_cb01.html

初回のみ無償でのシミュレーションが可能です。
カタログをダウンロードいただき、お気軽にご相談ください。

【導入事例】通信販売向け宅配出荷段ボール箱への詰め合わせ自動化
【導入事例】通信販売向け宅配出荷段ボール箱への詰め合わせ自動化 製品画像

■導入に向けての準備事項
1)風袋サイズを測りましょう
 ・梱包サイズで立方体として扱う
 ・重量も必要
 ・倒しても良い物か︖

2)緩衝材の扱いを決めましょう
  上面に必ず緩衝材を配置する場合、外装箱の内寸高さを5から10ミリを低く設定する。(側面も同様)

3)運用ルールを再確認しましょう
 ・カタログ本の製品サイズは実際梱包するサイズと異なるかどうか
 ・出荷データに存在しない同梱品があるかどうか
 ・ローカルルール(製品によって利用箱が決まっている)があるかどうか

【導入事例】EC物流 梱包箱選択エンジン(BOエンジン活用)
【導入事例】EC物流 梱包箱選択エンジン(BOエンジン活用) 製品画像

【導入効果】
1.注文に適した最適段ボール箱を自動選択
2.不慣れな作業員の箱選択精度を向上
3.受注段階で梱包明細・荷札・配送伝票発行可能
4.出荷計画(予定)にて必要な段ボール数把握
5.段ボール種類を間引きや新設の検討が容易
6.受注段階で運賃計算可能 <オプション>

※お問い合わせ頂けと詳細説明資料送付します。
※無料シミュレーション実施します。

お問い合わせ

ネットロック株式会社へ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度  [必須]
ご要望  [必須]
目的  [必須]
添付資料
お問い合わせ内容 
【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

ページの先頭へ