株式会社ニッコー (公式サイト)

ご連絡はこちら

【木材改質処理】木ごころ処理とテリオスウッドのご案内

最終更新日: 2014-03-01 15:16:35.0

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

【木材改質処理】木ごころ処理とテリオスウッドのご案内 基本情報

10年以上にわたり、木材を美しく長期耐久化!防腐、防蟻性、寸法安定性を向上させ、塗装に液体ガラスを使用し、劣化を防止!

多分散コロイドガラス注入処理は、複数の珪酸化合物で構成させた「木ごころ」と呼ばれるガラス溶液を木材に浸透させ、木材細胞壁中にガラス質を析出させることで木材の細胞の水酸基を保護強化させ改質処理技術です。多分散コロイドガラスを注入した木材は、木材の水酸基と呼ばれる水と中の良い成分がガラス質と結合し、水に強くなります。そのため防腐・防蟻性・寸法安定性に優れた改質木材になります。水酸基をかさ上げする事で塗装障害をなくし塗装を長く持たせることができます。
【特徴】
■木材を美しく、長期耐久化させる改質木材処理液「木ごころ」を使用
■10年以上の塗装耐久性(立面)
■腐朽、シロアリ防止に効果的
■寸法安定性に優れる
■トゲ、ささくれの発生がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

【木材改質処理】木ごころ処理とテリオスウッドのご案内 関連情報

アイコン 【木材の屋外変色防止処理】木ごころ 

設置後7年経過状況 枠は防腐剤注入に木材保護塗料塗布

○多分散コロイドガラス溶液を木材に浸透させると、木材の細胞層(S2層付近)に球状のコロイドガラスを形成させ、セルロースの水酸基と結合し細胞壁の成分が改変される水を吸わなくなります。
○水酸基をかさあげ(アセチル化と同じ理論です。)することで木材自体が疎水性になり、塗装性に優れた状態になります。
○さらに液体ガラス処理を表面に行うことで10年以上*木材の退色を防止します。(*立面状態)平面部分は当社の「ウッディセラ」を参照にしてください。
●サンプルが用意されています。必要な方は問い合わせからご請求ください。詳細

お問い合わせ

株式会社ニッコーへ、イプロスを通じてお問い合わせが可能です。
下記のフォームにお問い合わせ内容をご記入ください。お問い合わせ内容と共に、イプロスの会員情報が送信されます。
※お問い合わせには会員登録が必要です。

お問い合わせ内容をご記入ください。

  • 至急度 
  • [必須]
  •   
  •   
  • ご要望 
  • [必須]
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  • 動機 
  • [必須]
  •   
  •   
  •   
  •   
添付資料
  • お問い合わせ内容

株式会社ニッコー 取扱カタログ


ページの先頭へ